このエントリーをはてなブックマークに追加 2017年6月11日 | タイムライン, パワーリフティング集中連載, 編集部 |

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順番になれた時は嬉しい」

インタビュー日時:2017年5月15日(月)

場所:東京都目黒区三田2-1-12 Master Mind

 

 パワーリフティング、渋谷 優輝選手。渋谷選手はボディビルとパワーリフティングの両競技で活躍するハイブリッド選手であり、今、若者から注目され人気を集めている選手だ。もともとはボディビル競技における更なる成長のため、「より高重量を扱えた方が肉体が成長するのではないか」という着眼点からパワーリフティングをはじめたのだという。しかし、いつしかパワーリフティングの魅力にはまり、いまでは両競技の大会に出場し戦っている。パワーリフティングの魅力、今後の目標について話を伺った。

 

■渋谷 優輝選手 (Twitter: @0703Shibuya )

 パーソナルトレーナー兼パワーリフター。公式ベストSQ242.5kg、BP155kg、DL252.5kg、total642.5kg。目標はtotal650kg。第71回希望郷いわて国体パワーリフティング競技74kg級1位。BBJ2015関東1位、BBJ2016千葉1位。

 

──パワーリフティングを始められたきっかけは?

 もともとボディビルをやっていて、その強化をしたいと思いパワーリフティングも始めました。重い重量を扱えた方が筋肉も成長するだろうということで。

 

──最初はボディビル目的で始められたのですか?

 はい。でも実はボディビルも最初は上司に「やれ」と言われてなんです(笑)

 

──もともと、パワーリフティングの存在自体は知られていたのですか?

 競技については働いていたスポーツクラブではじめて知りました。職場に世界で戦うパワーリフティングの選手がいたんです。その時までは実際、パワーリフティングというのはよく知らなかったです。

 

(ウォーミングアップをしている渋谷優輝選手)

 

──でも今や、パワーリフティングの選手で代表的な存在になっていますけれども、そこは自分では想像されていましたか?

 まったく想像していなかったですね。

 

──パワーリフティングの魅力とは?

 練習した分だけ重い重量を上げられるようになる、というのが魅力ですね。わかりやすい。自分はボディビルも競技としてやっているんですが、ボディビルの場合は、極端に言うと審査員の主観で点数がついてしまう、という部分があるんです。それに対してパワーリフティングの場合は、何kg上げたら1位というのがはっきりしている。そういう面でも、やっぱり、勝負がはっきりするのがいいな、と思います。

 

 あとは、「この重さを上げたら勝てる」というのがはっきりわかるので目標を立てやすいというのもあります。そこに向かって練習していってステップアップできる。今、記録がこのくらいだから、トップ選手に追いつくにはこのくらい上げる、という目標が立てられるので、練習のモチベーションを維持しやすい。ボディビルの場合だと、ここまで大きくすれば大会で勝てるというのが明確ではないので、それに比べるとやっぱりパワーリフティングはわかりやすいです。

 

──パワーリフティングをやっていて一番楽しい瞬間、一番興奮する瞬間、というものがあれば教えてください。

 今まで上げられなかった重量を上げられた瞬間が一番幸せです。あとは、競技の進行上、一番重い重量を申請した人に最後の順番が回るんですけど、自分がその最後の順番になれた時は嬉しいです。

 

──それはかっこいいですね。

 はい。一番トリ(寄席で最後に出演する人)になるという。そして、その機会を成功させるというのが、やはり気持ち良いですね。

 

──逆に、苦しいこととか、辛いこととかっていうのもあったりするのですか?

 競技者の中には、筋力トレーニングが大好きっていう人もいっぱいいるんですけど、僕、実は筋力トレーニングはあまり好きじゃないんですよね。練習は好きじゃないです(笑)

 

──意外に(笑)

 はい。でもやっぱり競技では負けたくないというのもありますし、さっき言った好きな瞬間というのもがんばっている中で経験できることなので、嫌な部分もしっかりやろうと思っています。

 

──負けたくないからがんばれる、ということですね。これからどういう自分になっていきたいとか、目標とか夢とかを教えてください。

 この前、ジャパンクラシックというパワーリフティングの全国大会に位置づけられる大会に出場したんですが、結果があまり良くなかったんです。それとともに怪我もしまして、検査に行ったらヘルニアと診断されてしまいました。それでいま僕の記録が落ちてしまっているので、まずは今年の末にある地方大会で記録を戻して、復活できるようにと思っています。まだ自分に声をかけてくれる選手がたくさんいるので、その選手たちの目標になるような記録を出したいですね。

 

──復活に向けて、応援しています。

 ありがとうございます。

 

(インタビュアー・富樫重太 文・取材班 編集・マッスル剛志)

トラックバックURL

新着記事

2017年6月21日 New!

【パワーリフティング集中連載】久保 孝史(スポーツ科学研究者)「研究者とパワ

2017年6月19日 New!

【パワーリフティング集中連載】栗原 弘教「骨格とか人種とかがあまり関係ないの

2017年6月17日 New!

【パワーリフティング集中連載】伊勢崎 勝史選手「BIG3はトレーニング愛好家

2017年6月15日

【パワーリフティング集中連載】信田 泰宏選手「基本三種目を極めようとしている

2017年6月13日

【パワーリフティング集中連載】前野 由衣選手「一生懸命練習していればボディラ

2017年6月11日

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順

2017年6月9日

【予告】パワーリフティング集中連載! なぜ彼らはパワーを極めようとしているの

2017年6月5日

人気モデル・浦浜アリサ(27歳)プロテインの大切さ語る「女の子にとって、タン

2017年6月3日

【衝撃の事実】ネガティブ言葉を大声で叫ぶと身体能力が向上!「無駄無駄ッ!」イ

2017年5月30日

【栄養士が監修】トレーニング専用フードで注目、宅配サービス「Muscle D
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に