このエントリーをはてなブックマークに追加 2014年11月14日 | スポーツ, セミナー情報, タイムライン, トレーニング, 舟橋立二 |

【特別コラム・舟橋 立二さん】『Break down』パフォーマンス向上に必要なことは個々で違う

*******************************************

001

舟橋 立二さんのプロフィール:(CSCS, JATI-ATI, FA Medical Level2)

トレーニング指導・トレーナー派遣のADP :http://adptrainers.com/

日本に帰国し、日本大学バスケットボール男子・女子部のヘッド・トレーナーとして日本一(男子のみ)を経験する。 その後、三菱重工相模原ラグビー部にて5年間ヘッド・トレーナーを務め、現在はプロバスケットボールチーム東京エクセレンスのメディカル・スーパーバイザーとなり、2013-2014シーズンで優勝に貢献する。また玉川大学サッカー部のストレングスコーチ、ロンドンオリンピック代表でアジア大会2014の銀メダリストの土居愛実(セーリング)の専属トレーナーとしても活動する。

*******************************************

000

 アスリートへのパーソナルトレーニングの目的は、ほとんどパフォーマンス向上です。

スポーツによってパフォーマンス向上というのは何を指しているのかは、それぞれ違います。
そしてそれは個々によっても違います。

どこの修正し、伸ばしていくことが、その選手のパフォーマンス向上につながるのかしっかりとして分析が大事です。

 

《スポーツの違い》

 各スポーツによってパフォーマンス向上という結果につながる技術は異なります。

例えば、サッカーのFWであれば「点を決めたい」というパフォーマンス向上を目的にした時は、「ボールを正しく蹴り、そのパワーをつける」ことがメインになるかと思います。

※ここでは、シュートへのポジショニングなどは省きます。

ではそのボールを正しく蹴り、パワーを付けるには、どこの関節が関わってくるのか、そしてどの筋肉の柔軟性が必要なのか、細かく分析していきます。

これを私たちは、『Break down』と呼んでいます。

そしてそれにはスポーツやポジションという枠以外にも関わってくるものがあります。

 

《個々の特性》

 同じサッカーのFWでも今までのプレイスタイル、生活環境などによって個々で特徴があります。

同じ「ボールを正しく蹴り、そのパワーをつける」という目的でもその選手の特性により関わってくる関節や筋肉、固有受容器などが変わってきます。

それを正しく理解し、その個々に合わせたトレーニングメニューを作成することが重要です。

つまり、★その人の何を改善し、伸ばすとパフォーマンス向上するのか★

がポイントで、サッカーのシュートをうまく強くなるのは、このトレーニングという決まったものがあるわけではないのです。

 

 このように同じスポーツやポジション、そして目的が同じであっても選手個々によってメニューは違ってきます。

ましてや進み具合も違ってきますので、何日経ったらこのメニューなど「料理本」のようなものはありません。

型にはめない、正しい知識のもと柔軟な発想と発想力、ひらめきがパーソナルトレーナーには必要な要素です。

 

 (文:舟橋 立二)

 

 【ADPセミナー情報です】

―――――――――――――――
《関節手技アプローチ-ジョイントモビライゼーション》

JM7 Lower 4 – Ankle&Foot: 12/6(土曜日) 15:00-18:00

       Knee : 12/13(土曜日) 15:00-18:00

       Hip Joint : 12/20(土曜日) 15:00-18:00

Limber&SI : 12/27(土曜日) 15:00-18:00

※ 詳細・申し込みは、http://adptrainers.wix.com/jtmob7

《フィールド上での傷害評価法》

OFFA – 足関節 : 12/14(日曜日) 13:30-16:30

   - 膝関節    : 12/21(日曜日) 13:30-16:30

※ 詳細・申し込みは、http://adptrainers.wix.com/onfieldevaluation

―――――――――――――――

トラックバックURL

新着記事

2017年6月21日 New!

【パワーリフティング集中連載】久保 孝史(スポーツ科学研究者)「研究者とパワ

2017年6月19日 New!

【パワーリフティング集中連載】栗原 弘教「骨格とか人種とかがあまり関係ないの

2017年6月17日 New!

【パワーリフティング集中連載】伊勢崎 勝史選手「BIG3はトレーニング愛好家

2017年6月15日

【パワーリフティング集中連載】信田 泰宏選手「基本三種目を極めようとしている

2017年6月13日

【パワーリフティング集中連載】前野 由衣選手「一生懸命練習していればボディラ

2017年6月11日

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順

2017年6月9日

【予告】パワーリフティング集中連載! なぜ彼らはパワーを極めようとしているの

2017年6月5日

人気モデル・浦浜アリサ(27歳)プロテインの大切さ語る「女の子にとって、タン

2017年6月3日

【衝撃の事実】ネガティブ言葉を大声で叫ぶと身体能力が向上!「無駄無駄ッ!」イ

2017年5月30日

【栄養士が監修】トレーニング専用フードで注目、宅配サービス「Muscle D
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に