このエントリーをはてなブックマークに追加 2014年10月18日 | NBA, スポーツ, タイムライン, 編集部 |

【黒子のバスケ】筋肉はウソつかねぇ!根武谷永吉(ねぶやえいきち)はラグビー日本代表にスカウトされる逸材

001

 漫画、黒子のバスケに登場する人物というより筋肉。根武谷永吉(ねぶや えいきち)はご存知でしょうか?

名前:根武谷 永吉(ねぶや えいきち)

高校:洛山高校 (無冠の五将:剛力)

学年:2年

身長:190cm 体重:94kg

誕生日:4月30日

血液型:O型

ポジション:センター

特技:「マッスル◯◯」 全力パワーで何かをする時にマッスル~と叫ぶ。例:マッスルダンク

 

 バスケットというスポーツは、ラグビーなどとは違い、タックルは反則になってしまうので出来ないスポーツ。

いったいどれだけのシーンでその筋力によって優位に立てるのか。リバウンド以外はファールになりそうなのですが、どうなのでしょうか。ただ仮にどんなスポーツであろうとも、圧倒的パワーを持っているキャラという時点で、注目せずにはいられません。

 

 

  筋肉はウソつかねぇ!これは真実ですね。

 

■木吉 VS 根武谷 「お前筋力はすごいけどバスケは力だけじゃだめだぜ」 → 逆に筋肉つける

中学時代、2人が対決した時、根武谷はパワーフォワード、木吉はセンターとして試合に出場していました。その時根武谷は本来のポジションでは無い木吉に完敗してしまいます。原因はパワーだけで押す根武谷のスタイル。 木吉に「お前筋力はすごいけどバスケは力だけじゃだめだぜ」と言われ、根武谷は逆に筋肉をとことんつけることを決意。その効果あってか、圧倒的パワーを手に入れた根武谷は「剛力」の名の元に誠凛に立ちはだかるのです。 (引用:http://kinoubi.net/hanya/g/nebuya.html

 

 大切にしている筋肉を侮辱され、反発してさらに筋肉を強くして倒す事をイメージする。 このストレートな戦略に共感できない読者はほとんどいないのではないでしょうか。

 

■本当はもちろん地道な基礎練習もしている

 筋肉さえありゃすべてうまくいく!!!とは言いつつも、そこはルールで勝つために何が必要かを根武谷は考えます。

バスケットでスピードやスタミナが無ければ戦えませんので、ウェイトトレ以外も真面目にやっている根武谷。

陰でバスケ技術練習や身体の使い方の練習もコツコツしているからこそ、鍛えた筋力が確実に発揮され強いということだと思います。

 

あくまで筋肉筋肉!といっておいて、基本的な技術理論もちゃんと学び練習しているところが、カッコイイ。

 

■日本人離れした身体能力

 漫画のキャラとはいえ身長190センチ。体重94キロ。さらにバスケットの高い俊敏性がある。

この恵まれた日本人離れした身体能力から現実にあった1つのニュースを思い出しました。

 

代打逆転弾の巨人・大田に「ラグビー日本代表」の誘いあった

 『さぞかし、すごい選手なんでしょうね』と聞かれた原監督は言葉に詰まったらしいですが、ジョーンズはゾッコンで『あれだけ大きな体(188センチ、95キロ)であれだけ走れて動ける選手はそうはいません。ラグビーに転向したら、3年で日本代表選手に育ててみせます』とまで言ったというから、分からないものです。(引用:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/153442

 

【参考】TBS「バース・デイ」では「未完の大器 大田泰示 24歳このままでは終われない・・・」

 ドラフト1位で入団するも、巨人の一軍でなかなか安定して活躍できてなかった大田選手がラグビーの日本代表にスカウトされそうになっていた実話です。野球よりもラグビーの方が、人対人でぶつかるので、身体能力がより重視されるスポーツ。

 

 黒子のバスケの作者や集英社がこの大田選手のエピソードを知っていたら、こんな根武谷永吉ストーリー展開もありえるかもしれません。

 

(例) 根武谷永吉が高校バスケ引退した後、NBAに挑戦。しかしそこで何かの壁にぶつかり帰国。

ふと身体能力をもっと発揮させるためにどうするべきかを考えた末、日本代表のラグビー選手になった。

 

なんて事が黒子のバスケの根武谷永吉ストーリーとして将来あったら、鍛えまくった筋肉には色んな可能性があることを知れて嬉しくもあり面白いのではないでしょうか!?

 

(文:編集部)

 

トラックバックURL

新着記事

2018年12月11日 New!

ベンチプレス130キロのボディビル高校生日本一の宇佐美君登場。なかやまきんに

2018年12月11日 New!

【異次元揚力】なぜ吉田輝星投手をドラフト1位で指名?栗山監督「144~149

2018年11月26日

【プロフェッショナル】本田圭佑「空間認知能力を高めるトレーニング」を披露、ギ

2018年11月24日

【多忙なビジネスマン必見】この発想はなかった!「実戦を想定したトレーニング」

2018年11月20日

「パワーカップル」という語感が良すぎるパワーワードが誕生し新定義での活用に期

2018年11月11日

【特別コラム・山田崇太郎さん】柔術とは打撃のないマーシャルアーツ。ピュアな柔

2018年11月10日

【朗報】筋肉の偉大さに気付いてきたか、2018年の流行語大賞に「筋肉は裏切ら

2018年10月27日

鈴木雅「トレーニングの価値感は押し付けない」「トレーニングの否定は何も生まな

2018年10月10日

【募集中!】筋肉バカGO!の「ダイアリー機能」(トレーニング日誌)を使ってく

2018年10月8日

【日本ボディビル】第64回、鈴木 雅選手(37歳)が優勝し9連覇達成、モスト
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に