このエントリーをはてなブックマークに追加 2016年10月8日 | check, スポーツ, タイムライン, ラグビー, 菊竹 祥平 |

【ラグビー】リーチマイケル選手、190cm 105kg「相手に負けない体」にする為、練習が終わると夜の11時まで毎日ウエイトトレーニング

(出典:https://www.rugby-japan.jp/)

 リーチマイケル選手 190cm 105kg。日本のトップリーグの東芝ブレイブルーパスと、世界最高峰のスーパーラグビーのチーフスに所属する日本代表選手である。今回は、リーチ選手のタックルの凄さが分かる動画1つと「相手に負けない体」を作ってきた努力を紹介したい。

 

■世界一のチーム、ニュージーランド代表でもレギュラーになれると言わている

 スーパーラグビーにおいて、日本のサンウルブズ以外のチームでプレーする選手(五郎丸選手や田中選手など)が、レギュラー争いで苦戦する中、リーチ選手はレギュラーを勝ち取り、世界一のナショナルチーム、現ニュージーランド代表のサム・ケイン選手にして「ニュージーランド代表でレギュラーになれる」と言わせる選手だ。

 

■1t近くの「タックル」、普通の人がくらうとこんな感じになる

 リーチ選手のポジションはフランカーである。 フランカーに一番要求されるのは、“タックル”だ。 タックルは、ボールを持って向かって来る相手に、上半身(肩から首の辺りや胸)をぶつけ相手を倒す、ラグビーの醍醐味の一つだ。

 このタックルは、「勇気」が必要である。 なぜなら、タックルする時の衝撃は1t近くにもなる。 この1tの衝撃をわかりやすく言うなら、「人間が60~70cmくらいの高さから落下した時(体重差があるが)」の衝撃という。 タックルに置き換えるなら、「60~70cmの高さから、頭からダイブし、上半身で着地する」という事だ。

 

 ラグビーをやっていた私自身が想像してみたが、確かにそれくらいの衝撃と勇気がいるだろう。 しかもラグビーは、1試合80分間走り回り、平均で10~15回タックルをする。そのタックルの衝撃は・・・、 普通の人がくらうとこんな感じになる。

 

002

2015年11月9日(月)放送の特別番組「くりぃむしちゅーの!THE☆レジェンド2015秋」(日本テレビ系)にラグビーW杯の日本代表メンバー5名が出演し、出川哲朗が主将・リーチマイケルのタックルを受けた。

 

003

おびえる出川。

 

004

リーチ選手が走りこむ。

 

005

タックル直撃!!

 

006

一瞬で出川は収録画面の端へと吹き飛んでしまった。

 

■「お前はバカか!」出川タックル体験 リーチマイケルのタックル

 今季のスーパーラグビーでのタックル成功率は、実に94%を誇る。自身に向かって来た選手を94%で止めているという事だ。 リーチ選手を前にしたら、ほぼ抜けない。 なぜリーチ選手は、勇気を持ってタックルに行き、ことごとく相手を倒せるのか。 それには、しっかりとした裏付けがある。 「相手に負けない体」を作っているからだ。

 

■ 「相手に負けない体」へ、来日当時は178cm70kg。

 リーチ選手は、高校入学時にニュージーランドから日本にやって来たが、来日当時は、178cm70kg。少し背の高い細身の高校生くらいだ。 スポーツ留学生にしては、気の抜けるサイズだ。予想通り、高校1年の時に試合に出るも、相手チームの留学生にボコボコにやられてしまう。 しかし、その悔しさをバネに奮起し、体を大きくする為にとにかく食事を取り、学校で練習が終わるとジムで夜の11時まで毎日ウエイトトレーニングをやった。大学では、徹底した体作りをしている東海大学へ進学する。

 

■片方52kgのダンベルでダンベルベンチプレス

 大学でもさらなる努力を重ね、今の体格を形成。 昨年、テレビでウエイトトレーニングのシーンを見たが、片方52kgのダンベルでダンベルベンチプレスをやっていた。現在にいたるまで粘り強く努力を重ね強靭な肉体となり、念願の日本代表入り。2015年のワールドカップではキャプテンとして精神的にもチームを引っ張り、タックルで体を張り続けたフランカー、リーチマイケル選手は日本が誇れる努力の漢だ。

 

(文・菊竹 祥平)

 

 

日本ラグビーの歴史を変えた桜の戦士たち
ラグビーW杯2015日本代表 全31名 リーチ マイケル 三上 正貴 稲垣 啓太 堀江 翔太 木津 武士 畠山 健介 山下 裕史 湯原 祐希 トンプソン ルーク 大野 均 アイブス ジャスティン 伊藤 鐘史 真壁 伸弥 マイケル・ブロードハースト ツイ ヘンドリック アマナキ・レレィ・マフィ ホラニ 龍コリニアシ 田中 史朗 日和佐 篤 小野 晃征 立川 理道 田村 優 クレイグ・ウィング マレ・サウ 松島 幸太朗 山田 章仁 カーン・ヘスケス 福岡 堅樹 藤田 慶和 五郎丸 歩 廣瀬 俊朗
実業之日本社
売り上げランキング: 172,804
トラックバックURL

新着記事

2018年12月11日 New!

ベンチプレス130キロのボディビル高校生日本一の宇佐美君登場。なかやまきんに

2018年12月11日 New!

【異次元揚力】なぜ吉田輝星投手をドラフト1位で指名?栗山監督「144~149

2018年11月26日

【プロフェッショナル】本田圭佑「空間認知能力を高めるトレーニング」を披露、ギ

2018年11月24日

【多忙なビジネスマン必見】この発想はなかった!「実戦を想定したトレーニング」

2018年11月20日

「パワーカップル」という語感が良すぎるパワーワードが誕生し新定義での活用に期

2018年11月11日

【特別コラム・山田崇太郎さん】柔術とは打撃のないマーシャルアーツ。ピュアな柔

2018年11月10日

【朗報】筋肉の偉大さに気付いてきたか、2018年の流行語大賞に「筋肉は裏切ら

2018年10月27日

鈴木雅「トレーニングの価値感は押し付けない」「トレーニングの否定は何も生まな

2018年10月10日

【募集中!】筋肉バカGO!の「ダイアリー機能」(トレーニング日誌)を使ってく

2018年10月8日

【日本ボディビル】第64回、鈴木 雅選手(37歳)が優勝し9連覇達成、モスト
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に