このエントリーをはてなブックマークに追加 2016年9月24日 | スポーツ, タイムライン, トレーニング, 舟橋立二 |

【特別コラム・舟橋 立二さん】アスリート向け「ヒールレイズ」!下腿の瞬発力をつけるトレーニングの段階的アプローチ【Vol.2】

*******************************************

00110 【特別コラム・舟橋 立二さん】バスケットボール選手のパフォーマンス向上に繋げるためのエクササイズ2種類

舟橋 立二さんのプロフィール:(CSCS, JATI-ATI, FA Medical Level2)

トレーニング指導・トレーナー派遣のADP :http://adptrainers.com/

 アメリカで数多くのメジャーリーガーを排出するCalifornia State University, Long Beachにて学生トレーナーを経験後、アジア人初NBAプレイヤーになった選手やデニスロッドマンが所属していたチームにてヘッドトレーナーを歴任し、日本に帰国。その後、日本大学バスケットボール部で日本一を経験。現在、三菱重工相模原ラグビー部にてヘッドトレーナー・チーフメディカルとして活動中。

 その他、NBDL2連覇中のプロバスケットボールチーム東京エクセレンスのメディカル・スーパーバイザー。また、パーソナルトレーナーとして、ロンドンオリンピック代表でアジア大会2014の銀メダリスト、リオオリンピック代表の土居愛実(セーリング)の専属トレーナーとしても活動している。

*******************************************

01   

 下肢の基礎筋力をつけたら、それを”パフォーマンス向上”につなげる。そのためのトレーニングとは!?  今回は、下腿三頭筋にフォーカスをあて、蹴る動作やジャンプ動作のパフォーマンス向上を狙うトレーニングVol.2を紹介致します。

 

【アスリート向け!下腿の瞬発力をつけるトレーニングの段階的アプローチ  Vol.2】

《ウォーキング・ヒールレイズ》

 前回は、ヒールレイズにおける3方向でのトレーニング(ノーマル)の必要性と可動域を大きく使うことの大切さをお話しましたが、今回は、スポーツにおいてパフォーマンス向上を狙うためのヒールレイズをご紹介させて頂きます。

                  
その名も・・・・

「ウォーキング・ヒールレイズ」

 

■ノーマル(vol.1)との違いは、「重心移動」

 ノーマルのヒールレイズと、このウォーキング・ヒールレイズの違いは、「重心移動」です。ノーマルでは、重心は主にMP関節(指の付け根)でコントロールし、かかとを上げることで下腿三頭筋を鍛えます。基礎筋力をつけるには良いエクササイズですが、普段、そのふくらはぎ群を使うとき、歩行などでは重心はかかとから地面につき、足部の前に移動させながら最終的につま先で蹴って、下腿三頭筋を使います。

 

■体重移動をコントロールし早いスピードを出す為に

 特にアスリートの場合は、ランや切り返しダッシュなど足関節の背屈位(つま先を上を向けるような足首を上にあげた状態)で、かかとが地面につき、体重移動をさせながら早いスピード大きな爆発力で前に進んでいきます。そのため、かかとからつま先への体重移動をコントロールしながら、そして大きな可動域を使いながら、下腿三頭筋を鍛える必要があります。「ウォーキング・ヒールレイズ」はそれらを狙ったエクササイズになります。 

                           
《ウォーキング・ヒールレイズの方法》

 まずは、基礎筋力となるノーマルのヒールレイズを3方向で行い、十分な筋力を獲得したらウォーキング・ヒールレイズへ移ります。
片足を前に出し、もう片方は後ろにする。ランニングの姿勢のような感じですね。

 

【方法】

1. つま先を上にし、足関節を背屈位にする。

■動作Aポイント(初期位置)

01

 

2. そこから片足で体重を前に移動させながらヒールレイズを行う。

■動作Bポイント

02

 

■動作Cポイント

03

 

■動作Dポイント

04

※戻るときは逆動作順でD→C→B→A(初期位置)、「ウォーキング・ヒールレイズ」繰り返していく

 発展系として、スピードつけて「ウォーキング・ヒールレイズ」を行い、瞬発力・爆発力をつける。筋力のみだけではパフォーマンスに直結しにくいですが、しっかり基礎筋力を獲得した上で、このようなエクササイズを入れることで、より効果的にパフォーマンス向上に繋げられます!

 

みなさん、よろしかったら試してみてください!

 

(文・舟橋 立二)

 

===================
スポーツトレーナー派遣、パーソナルトレーニング

株式会社ADP

http://www.adptrainers.com

問い合わせ:info@adptrainers.com

===================

トラックバックURL

新着記事

2017年6月24日 New!

【パワーリフティング】簡単に分かる!日本屈指の選手達が送る、ルール説明動画

2017年6月21日 New!

【パワーリフティング集中連載】久保 孝史(スポーツ科学研究者)「研究者とパワ

2017年6月19日

【パワーリフティング集中連載】栗原 弘教「骨格とか人種とかがあまり関係ないの

2017年6月17日

【パワーリフティング集中連載】伊勢崎 勝史選手「BIG3はトレーニング愛好家

2017年6月15日

【パワーリフティング集中連載】信田 泰宏選手「基本三種目を極めようとしている

2017年6月13日

【パワーリフティング集中連載】前野 由衣選手「一生懸命練習していればボディラ

2017年6月11日

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順

2017年6月9日

【予告】パワーリフティング集中連載! なぜ彼らはパワーを極めようとしているの

2017年6月5日

人気モデル・浦浜アリサ(27歳)プロテインの大切さ語る「女の子にとって、タン

2017年6月3日

【衝撃の事実】ネガティブ言葉を大声で叫ぶと身体能力が向上!「無駄無駄ッ!」イ
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に