このエントリーをはてなブックマークに追加 2015年3月1日 | いまさら聞けない, コラム, タイムライン, 山田崇太郎 |

【特別コラム・山田崇太郎さん】ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高

001

 

 基礎代謝で体温高め、筋肉への情熱も高めの筋肉バカドットコムのみなさまこんにちは。

更新遅れがちですいません、HUNTER×HUNTERみたいな掲載頻度になりつつある富樫義博否山田でございます。

作者取材の為、でなく格闘技の試合で筋肉ひけらかしてました。

 

【ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高】

 今回は女子も男子も大好きダイエットについて。

正月太り解消やスイーツの食べすぎで夏に向けて絞りたいって方も多いでしょう。

 

■ダイエット(diet)という単語本来の意味

 まず、ダイエット(diet)という単語本来の意味としては、規定食という意味。

美容や健康を目的に食事を制限することとなります。

なので言葉本来の意味からすると一般的に使われている痩身の意味合いでのダイエットは誤用となるのですが、慣用的な意味で通じてるんだからいいじゃねーか、と思ったりする今日この頃。

言葉は変化していきますしね。といっても情けは人のためならず、とかは違和感あるなあ。

 

流行するダイエット法は基本カロリーの収支

 8時間ダイエットやら朝バナナだったり低糖質やらダイエット法は色々と流行していますが、基本はカロリーの収支。

8時間ダイエットとか一日のうち8時間だったら何を食べてもOK!とかありえないでしょ。

マスコミ側の都合でキャッチーなものが取り上げられるんですよね。誇張してね。

朝バナナダイエットみたいに分かりやすくインパクトがないと伝わらない。

簡単そうだと大衆が食いつきますからね。まあカロリー減らして運動しろ、じゃ代わり映えしないもんなあ。

受け手側も疑問を抱いたりしないものだろうか?自分に都合のいい甘い話に飛びついちゃうんですかね。

ダイエットコーラだから他のものでカロリー取れる!

カロリーハーフでカロリーカット!じゃなくてカロリーハーフだから倍食べれるわ!的なデブ嗜好否デブ思考。

 

■ダイエットは食事が7割、運動3割

 さあ、痩せるために食事制限で摂取カロリーを抑える。

これが鉄則。体組成の改善って事ではね。

まさかサウナ入って水分抜けただけでダイエットとか思っちゃう情弱な方は筋肉バカにはいませんよね。

幾ら運動しても好き放題食べては痩せません。

さらに運動で消費カロリーを増やす。ダイエットは食事が7割運動3割。あくまで補助です。

ダイエットといえば有酸素?間違いではないですが有酸素をやらなくても体脂肪は落ちます

 

■費用対効果として有酸素は効率的でない

 リバウンドのないダイエットを成功させるために筋力トレーニングをオススメします。

費用対効果として有酸素は効率的でないと考えています。

時間の切り売り的な仕事と同様だと思うのですよね。

時間の対価としてカロリー消費するだけだし。動いてもその分食べたらチャラです。

アスリートならその時間を競技力向上に繋がる実技練習やトレーニングに割くべきでしょう。

(実技練習は上達により動作効率が改善され思ったよりカロリー消費しなくなりますが。初めてその競技をやったときの疲労と競技に慣れてからでは違いますよね。)

 

■基礎代謝の上昇で太りにくいカラダが作れる

 筋力トレーニングで筋肉を付けていったほうが基礎代謝の上昇も見込めるし、運動強度も上げていくことができるので運動による消費カロリーも増加します。

60キロのスクワットより200キロのスクワットのほうがエネルギー必要ですよね。

いわゆる太りにくいカラダが作れます。

筋力トレーニングは運動中だけでなく運動後もカロリーを消費してくれます。(EPOC)さらに成長ホルモンもドバドバ分泌されて若返りやら脂肪燃焼まで。

そんなわけで食事制限+筋力トレーニングがコスパ最高です。

 

■食事管理も運動も継続しなかったらリバウンドするのは当然

 最近ライザップで痩せたけどその後リバウンドした!って声を多く耳にしますがそりゃ当たり前だろうと。

短期間頑張ったとして継続しなかったら元に戻りますよ。

2ヶ月やっただけでその後永遠に太らないって認識なのかな?

食事管理も運動も習慣にして継続することでリバウンドのないカラダになるのです。

日々の歯磨きのように筋トレをあたりまえに!さりげなくそれとなく生活に取り込みましょう!

 

(文:山田 崇太郎)

 

筋肉バカドットコムの読者様は、山田トレーナーのパーソナルトレーニングを気軽に体験することができます。

トラックバックURL

新着記事

2017年1月19日 New!

【ロケット理論】最速約163km、クレイグ・キンブレル投手。球速を上げるため

2017年1月15日 New!

3年に及ぶ少林寺での撮影、女性の視線から男性の美と謎を追い求める。写真家・大

2017年1月14日

「松本家の休日」1月14日(土)松本人志がジムで鍛え上げた肉体披露、地獄のト

2017年1月14日

ファッション評論家のドン小西は何故、筋肉という最高のファッションの存在に気づ

2017年1月11日

【高校サッカー選手権】初優勝した青森山田の”筋トレブーム”「本気で勝ちたいな

2017年1月9日

日本初のメイドジム登場が現実的に!サービス提供に向け斜め上に期待が膨らむ

2017年1月9日

【サンプルレビュー】マ、マジか。体が冷えていない。半信半疑だった「VENEX

2017年1月8日

プロレスラー三富政行「電車でプロテイン飲んでいた」残業100時間以上、どうし

2017年1月7日

【武井壮】40kgの重さを全ての筋肉に散らす。めったに公開しないウェイトトレ

2017年1月6日

【筋賀新年】2017年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいた
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • プロテイン「筋」とは

  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に