このエントリーをはてなブックマークに追加 2015年11月20日 | スポーツ, タイムライン, 編集部 |

【護身術】ベトナム総合武術「ボビナム」を伝える日本人指導者マスターフゴ氏

001

(出典:ベトナム総合武術 ボビナム PART1

 ベトナム格闘技「ボビナム」普及へ 福岡のレスラー奮闘

 ベトナム発祥の格闘技「ボビナム」を広めようと福岡県出身のプロレスラーが奮闘している。競技の奥深さに魅了されてベトナムで修行し、指導者の資格を得た。門下生は全国に約50人。第2の日本人マスターの育成を目指している。

(引用:http://www.asahi.com/articles/ASHBM4S5MHBMTIPE015.html

 

いつ危険に襲われるか分からない昨今、男性、女性に限らず護身術は重要な技術であり身に着けておきたいもの。今回はベトナムの総合武術「ボビナム」について分かる動画をご紹介したい。日本ではあまり知られていないものの、「ボビナム」は世界大会の開催が行われており、誕生の歴史も深い。

 

■総合武術、護身術 「ボビナム」を始めるきっかけを話すマスターフゴ氏

2011年、日本に初めてボビナムを紹介したマスターフゴ氏のインタビュー第一弾。

 マスターフゴ氏のインタビュー映像は「ボビナム」の歴史が分かる。そして自身が始めることになった当時のシーンについても分かりやすく語ってくれている。

 

■ マスターフゴ氏と「ボビナム」の出会い

 (ボビナムは)ベトナムで生まれ、フランスで育ち世界に広がっている。3年前まで武道大国だと思っていた日本では誰もしらなかった武道、それが「ボビナム」。ベトナムの歴史の中で生まれてきた武道。ベトナム人は比較的、日本人よりも身長が低い。日本人には分からない外国から抑圧を受けてきた歴史がある、フランス人やアメリカ人など大きい人を倒す技術が集約されている。

 

 (ボビナムは)全世界、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジア、アフリカなど盛んに行われている。しかしなぜか日本には伝わってこなかった。(当時マスターフゴ氏は)プロレスで世界を回っていた。ベトナムに行った時にプロレスは現地でやっていないかと調べると、ベトナムは社会主義国家であり興業として行われていなかった。「ベトナム 格闘技」でインターネットで検索しはじめると、ボビナムというキーワードを見つける。

 

 3年前は2つしか「ボビナム」に関する日本語の記事が出てこなかった。そして全然聞いたことが無かったキーワードである。情報を探しながら5日目くらいに、世界大会の開催情報を得ることになり、マスターフゴ氏は観戦しにいく。そして目の前で世界のトップ中のトップの動きを見て衝撃を受けることに。プロレスラーとしてお金を取れる動きを長年見てきた自分が凄いなと思う動きをしていること。受身の技術や技の組み立て。どうやってこんなことができるのかと感じ、その日の夜に「ボビナム」道場に行き稽古をはじめた。

 

■「ボビナム」指導者になる為に

ベトナムの格闘技・ボビナムって何だ?

 3倍早く修得…といっても特別に優遇されたわけではなく、夢路さんに空手とレスリングの基礎があることと、日々みっちり練習したことあってのこと。練習も大変なら、言葉がぜんぜん分からないだけに帰って復習するのがまた大変だったとか。(引用:http://portal.nifty.com/kiji/111206151383_1.htm

 「ボビナム」を学びたいと思ったマスターフゴ氏は、自身がプロレスラーとして養ってきた身体能力と根性をベースに、現地のボビナム師範に頼み、すぐさま毎日指導してもらった。その熱意によって一気に技術を習得。やがて指導者としての許可を得たとのことだ。そして今は日本でその魅力を伝えている。

 

■世界大会ではベトナムが圧倒的な強さ

第4回世界ボビナム選手権、ベトナムが4年連続で総合優勝

 アルジェリアの首都アルジェで3日間にわたって開催された第4回世界ボビナム(ベトナム総合武術)選手権で、ベトナムは金メダル19個、銀メダル5個を獲得して総合優勝を果たした。

(引用:http://www.viet-jo.com/news/sport/150804081301.html

 2015年「ボビナム」世界大会ではベトナム代表が圧倒的な強さを発揮し金メダル19個獲得しているとのこと。

マスターフゴ氏を虜にした「ボビナム」。最後に実際に技をかけている映像をご紹介したい。

 

■「ボビナム」の動きが分かるデモンストレーション映像

 

小柄な女性が自分より背の高い男性の首を脚で挟み、身体をねじり倒す動きはまさに芸術。(映像5:00~)

護身術としての「ボビナム」、愛する人と自身を守る為にもチェックしていきたい。

 

(文・編集部)

トラックバックURL

新着記事

2017年12月15日 New!

筋肉の衰えは中年期から加速、東大教授・石井直方氏「40歳を過ぎたくらいから、

2017年12月10日 New!

勝機があるのはプロレスラー?大晦日、朝青龍に挑む対戦相手をAbemaTVが募

2017年12月5日

【衝撃】これがベンチプレス200kg以上の膨らみだッ!超パンプした「大胸筋」

2017年11月30日

女子格闘技界の新しい逸材!柔道四段・7年間全日本指定強化選手「渡辺華奈」が1

2017年11月25日

【格闘ゲーム】ときどのEVO決勝「垂直ジャンプキック」の凄さを丁寧に解説して

2017年11月22日

無料配布で話題の採寸ボディスーツ「ZOZOSUIT」、筋トレクラスタの筋肉に

2017年11月21日

これは必見!石井直方教授が「運慶」ファンクラブサイトで行っている仏像筋肉解説

2017年11月16日

【トレーニング理論】長友佑都「やらされてきた身体と思考」と、遊び感覚で「楽し

2017年11月13日

ベンチ140kg以上、日本最強クラスの筋力を持つテニスプレヤー松尾友貴選手「

2017年11月10日

【ケガの功名】舛添要一氏(68歳)、股関節手術から4ヶ月。筋トレで順調な回復
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に