このエントリーをはてなブックマークに追加 2015年8月4日 | FOOTBALL, スポーツ, タイムライン, 編集部 |

【東アジア杯、日本1-2北朝鮮】日本代表DF槙野智章(28)「結果的にフィジカルが相手より劣ってしまった」

 

(日本×北朝鮮 1 2 ゴールハイライト【サッカー日本代表・東アジアカップ】)

http://akb48-kareshi.com/

槙野 智章(まきの ともあき)

身長 182cm 体重 77kg

槙野「2失点目は競り負けた」パワープレーに屈す

<東アジア杯:日本1-2北朝鮮>◇2日◇中国・武漢

日本代表DF槙野智章(28=浦和)が、相手の長身FWへのパワープレーに屈し2失点を喫した。

(中略)

後半30分以降は、防戦一方の展開になり「入りは良かったのに後半苦しくなってしまった。結果的にフィジカルが相手より劣ってしまった」と反省していた。

(引用:http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1516991.html

 

8月2日、中国の武漢で開催している東アジア杯に臨んだ日本代表。

初戦で北朝鮮代表と対戦しましたが1-2の逆転負けとなりました。この試合でフル出場していた浦和レッズのDF槙野智章が、「結果的にフィジカルが相手より劣ってしまった」というコメントをしていた訳なのですが、選手個人の問題だけではなく、そもそも日本代表としてこの大会に臨む準備が不足しておりチーム全体としてフィジカルの状態を十分に上げられていなかったという問題もありそうです。

 

ハリルジャパン初黒星 女子に続き北朝鮮に連敗

動けない-。ベンチに座り込み、1分、2分、3分…。広報担当と通訳にテレビインタビューへと促され、ハリルホジッチ監督はようやく立ち上がった。就任5戦目での初黒星。連勝発進し、「今年は美しい年にする」と意気揚々と年内無敗を掲げていたはずが、6月のシンガポール戦の引き分けに続き、格下相手に逆転負け。ロシアへの長い道のりに、にわかに暗雲が立ち込めてきた。

(中略)

そして会見は緊迫した。「試合後は言い訳はしない」と話していたハリルホジッチ監督は、「3日前に武漢にたどりついて、1回のトレーニングしかしていない。しかしながら相手は何週間かの準備期間があった。それが決定的な違いを生んでしまった」と、大会直前の7月29日まで試合を開催したJリーグの日程を敗因に挙げた。

(引用:http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2015080302000132.html)

 

 ハリルホジッチ監督は、この大会に向けての準備期間があまりにも不十分であるとコメント。これが事実であれば試合でフィジカルの状態が良くないまま望む事になります。フィジカルの調整不足が敗因の1つだといっても決して過言ではないでしょう。しかし一方で、 フィジカルが後半落ちた原因について、槙野選手は縦への速いサッカーという戦術こそが激しいスタミナ消耗になっている。というようなコメントをしているのが気になりました。

 

 北朝鮮に逆転負け。個の成長を誓う槙野「これで逃げていても仕方ない」

今後の修正点としては「90分タテに速いサッカーっていうのはあまりにも不可能」と認めた上で、「ゆっくりする時間帯とタメを作る時間っていうのは必要かなと思います」と語った。

「監督はタテタテと言うけど、もう少し幅を利かせたプレーだったりとか、ボールを動かすこと、時間を作ることを、僕たちが後ろから指示を出すことも必要なのかなと思いますね」

(引用:http://news.livedoor.com/article/detail/10425012/

 

 今回の敗戦の反省点として後半のスタミナ切れによるフィジカルのダウン。

縦の速さだけではなく、メリハリのある攻撃をすることで、より点を取りやすくすると同時に、チーム全体としてもスタミナを90分持たせること(フィジカルを維持する)が可能になるのでは。という槙野選手としての鋭い意見です。

そもそも準備期間がしっかりとれていれば、この戦術で90分戦い切れるフィジカルは日本代表にはあった。という見方も当然できると思いますし、3日前に到着という過酷な調整状況から、チーム戦術も臨機応変に対応するべきだった。という見方もありそうです。

韓国戦、中国戦と、まだまだ続く東アジア杯、フィジカルの視点から引き続き注目です。

 

(文・編集部)

トラックバックURL

新着記事

2017年11月16日 New!

【トレーニング理論】長友佑都「やらされてきた身体と思考」と、遊び感覚で「楽し

2017年11月13日 New!

ベンチ140kg以上、日本最強クラスの筋力を持つテニスプレヤー松尾友貴選手「

2017年11月10日

【ケガの功名】舛添要一氏(68歳)、股関節手術から4ヶ月。筋トレで順調な回復

2017年11月5日

【細マッチョ違い】マツコ「(その体は違う)奥にある筋肉組織が出てきただけ」と

2017年10月29日

【ドラフト】兵庫のゴリマッチョ、三田松聖高校の稲富 宏樹(捕手)がオリックス

2017年10月18日

【朗報】元俳優・成宮寛貴さん「筋肉は裏切らない」ことに気づきワークアウト開始

2017年10月16日

【RIZIN】激ツヨカワ!ウェイトトレーニングで新たな成長を実感するRENA

2017年10月10日

「ジムで出会って結婚という人は結構いる」ジャスティス岩倉さんに聞く、マッチョ

2017年10月9日

これぞ王者の風格!日本ボディビル選手権、鈴木雅選手(36歳)が8連覇「ボディ

2017年10月2日

筋肉の動きを科学的に解析、RIZAP × グンゼによる 最先端トレーニングウ
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に