160204 100x100 - 【190㎝以上120㎏以上】圧倒的なフィジカルによって話題をさらった格闘技選手3選

このエントリーをはてなブックマークに追加 2015年1月22日 | コラム, タイムライン, 阿左美賢治 |

【190㎝以上120㎏以上】圧倒的なフィジカルによって話題をさらった格闘技選手3選

 格闘技というジャンルの中で取り上げられるのは、格闘〝技(ぎ)〟という言葉通り、やはりそのテクニックが非常に多い。

だが、そんな格闘技界の中でも、圧倒的なフィジカルによって話題をさらった選手たちが存在する。

今回はそんな格闘〝体(たい)〟ともいうべき選手たちを紹介したい。

 

まず、日本で一番このタイプで有名になったのが、『野獣』ボブ・サップだろう。

■『野獣』ボブ・サップ196㎝、150㎏

http://www.marines.co.jp/

Dynamite! 2002 ノゲイラ vs ボブ・サップ

 

「筋肉の二世帯住宅!」by古館アナウンサー

  元々NFLの選手であったサップは、その196㎝、150㎏という圧倒的なフィジカルを武器に2000年代初頭の格闘技界を席巻。

2002年8月に開催された総合格闘技イベントのPRIDEで、当時ヘビー級王者だったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを身体能力だけで圧倒し、あわや大金星という善戦。

同年10月にはK-1で、優勝候補の本命とみられていたアーネスト・ホーストを撃破するなどし、当時の格闘技業界では、このサップの大躍進に対して「フィジカルこそが全てなのか!?」という論争が沸き起こるほどであった。

その後、他の選手がサップ対策をしたのか、本人のモチベーションが下がってしまったのか、年を追うごとに戦績は悪化し、現在も外国のイベントなどで細々と活動しているものの、全くインパクトを残していないのが残念だ。

 

■『白鯨』トム・エリクソン193㎝、133㎏

http://p.twpl.jp/

Kevin Randleman vs Tom Erikson (Brazil Open 97)

 

 また、同じく2000年代に活躍した『白鯨』トム・エリクソンもその一人だろう。

193㎝、133㎏と、サップに比べれば若干数値上は劣るものの、常人離れした強靭なフィジカルに加え、

フリースタイルの世界大会で入賞するほどのレスリングの実力を持ったエリクソンは、全盛期には他の選手が対戦を拒否することが多く(一説には、当時PRIDE王者であったノゲイラも対戦を拒否したという)、

試合数が少なくなってしまうという不遇なキャリアを過ごしたものの、それゆえに当時は「隠れ最強はトム・エリクソンで決まり」という認識がコアなファンの共通認識となるほどであった。

 

■『世界標準』ことブロック・レスナー190㎝、120㎏

2007 - 【190㎝以上120㎏以上】圧倒的なフィジカルによって話題をさらった格闘技選手3選

UFC 141 Lesnar vs Overeem Promo

 

 そして、そんな格闘〝体〟を持った選手の中でも最も輝かしい結果を残したのが、『世界標準』ことブロック・レスナーだ。

エリクソンと同じく、レスリングをバックボーンに持ち、190㎝、120㎏のキレキレなボディをひっさげて世界最高のプロレス団体WWEに入団。

そのフィジカルで観客を魅了したが、2004年にWWEを退団すると、NFLに挑戦した後に総合格闘技に参入。

2007年に総合格闘技団体であるUFCに入団すると、PRIDEでも活躍したヒース・ヒーリングを、パンチで一回転させるなどして激勝、元王者であるフランク・ミアを圧倒するなどし、なんとわずか4戦にランディ・クゥートアを下してヘビー級チャンピオンに輝いた。

その後、持病の大腸憩室炎などの再発により、戦績は振るわず、2011年に総合格闘技から引退を表明したものの、そのパワーを前面に押し出した闘いぶりは、まさにフィジカル・モンスターという言葉がふさわしいものだった。

 

 日本では、どちらかというとムキムキの大男を達人が華麗な技で圧倒する「柔よく剛を制す」的なものに憧れを抱く人が多いようだ。

しかし、極真空手の開祖である大山倍達が「技は力の中にあり」という名言を残した通り、格闘技においても突出したフィジカルはそれだけで強みになりうる。

q? encoding=UTF8&ASIN=4434103199&Format= SL250 &ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=100000000proj 22 - 【190㎝以上120㎏以上】圧倒的なフィジカルによって話題をさらった格闘技選手3選

 僕らは知っている、大山倍達極真空手バカ一代

 若き頃、空手修行の旅に出られ、世界中の強者とあいまみえられた。猛牛との素手での格闘、そこからついた名は「牛殺し」。素手で、ビール瓶を真っ二つ、一撃で相手の命を絶つ聖拳、そこからついた名は「ゴッドハンド、神の手」。

(引用:http://www.plus-blog.sportsnavi.com/yoshiki812/article/2)

 

貴方も、お気に入りの格闘〝体(たい)〟を持った選手を探してみてはいかがだろうか。

 

(文:阿左美 賢治)

トラックバックURL

新着記事
160 94 100x100 - 【陸上】母強し「ぎゃあ~!」確定タイムで12秒96!0秒01日本記録を更新した寺田明日香選手、100mH日本新記録で絶叫 

2021年4月29日

【陸上】母強し「ぎゃあ~!」確定タイムで12秒96!0秒01日本記録を更新し
160 340 100x100 - 【ASMR】トレーニング器具やトレーニング現場の「音」届けます。

2021年4月11日

【ASMR】トレーニング器具やトレーニング現場の「音」届けます。
160 93 100x100 - 【狂気の腹筋】メガトン級パンチも余裕!鈴木博昭選手が腹筋の鋼鉄っぷりを披露するノーダメ映像がエグイ

2021年3月2日

【狂気の腹筋】メガトン級パンチも余裕!鈴木博昭選手が腹筋の鋼鉄っぷりを披露す
160 92 100x100 - 【悲報】筋肉を動かせッ…!林先生の初耳学、運動しなくても痩せるかのように「ソイプロテイン」が紹介されてしまう事案発生

2021年3月1日

【悲報】筋肉を動かせッ…!林先生の初耳学、運動しなくても痩せるかのように「ソ
160 91 100x100 - 【総合格闘技】朝倉未来「喧嘩は1分が最強!」1分間のみのケージMMA大会「ブレイキングダウン」を発表

2021年2月27日

【総合格闘技】朝倉未来「喧嘩は1分が最強!」1分間のみのケージMMA大会「ブ
160 90 100x100 - 【総合格闘技】「これはやばいのがきた!」修斗にラスボス登場、3年4か月ぶりに職業筋肉・山田 崇太郎選手が現れ勝利

2021年2月3日

【総合格闘技】「これはやばいのがきた!」修斗にラスボス登場、3年4か月ぶりに
160 339 100x100 - 【恵方巻も高タンパク化】「知識の宝庫や!」Twitterで”たんぱく質の摂り方”がトレンド入り

2021年2月2日

【恵方巻も高タンパク化】「知識の宝庫や!」Twitterで”たんぱく質の摂り
160 100x100 - 【コスパ最強】タンパク質は大事「頭悪い丼」について

2021年1月31日

【コスパ最強】タンパク質は大事「頭悪い丼」について
160 89 100x100 - 【総合格闘技】UFC257、コナーマクレガーが「カーフキック」で敗れる

2021年1月26日

【総合格闘技】UFC257、コナーマクレガーが「カーフキック」で敗れる
160 88 100x100 - 【広背筋】奈良県のとんかつ屋さん「まるかつ」、広背筋に張り紙でお客さん大勢ご来店

2021年1月23日

【広背筋】奈良県のとんかつ屋さん「まるかつ」、広背筋に張り紙でお客さん大勢ご
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
ページ上部に