00235 100x100 - 【第1回 エクストリームスポーツ情報】  もはやこれはバスケじゃない!漫画のような世界を実現させた超人バスケ「スラムボール」を一度は見るべき

このエントリーをはてなブックマークに追加 2014年9月20日 | EXTREME, コラム, タイムライン, 岡田紘樹 |

【第1回 エクストリームスポーツ情報】 もはやこれはバスケじゃない!漫画のような世界を実現させた超人バスケ「スラムボール」を一度は見るべき

2da8aab1 s - 【第1回 エクストリームスポーツ情報】  もはやこれはバスケじゃない!漫画のような世界を実現させた超人バスケ「スラムボール」を一度は見るべき

 

 人は、サルの時代から、原人、旧人、新人と経て人類へ、といったようにこれまでに何度も進化を遂げてきたと言われている。

そして今、人はまた更なる進化を遂げようとしている。

そう、「超人」として。

 

「超人」とは人が人を超えた能力を持つ人間であり、そんな進化を遂げようとする者たちがこの世には存在するのだ。

 

その進化を生み出しているのが、

普通ではない条件下で行われ、人が限界を超えることにより、「超人」になるスポーツ、

「エクストリームスポーツ」である。

 

 そこでエクストリームスポーツの紹介として第一回にお届けするのが、

トランポリンとバスケットボールが合体したアメリカ発祥のスポーツ「スラムボール」。

 

この競技は、

 

各ゴール前にトランポリンを4面設置して行うバスケットボールである。

 

ん?なんだって?

この時点でよくわからない?

うん。安心してほしい。書いている私もよくわからない。

 

アメリカ人はいったい、何を考えているんだ!!

 

アメリカ人のことだから、

バスケで高くジャンプできた方がカッコいいんじゃないの?

あっ、だったらトランポリンをゴール付近に置けばいいじゃん!

 

とか、そんなノリでやりだしたんじゃないだろうか?(偏見)

 

ところが、このスポーツ、

テニスの王子様のバスケ版、

超人であるキン肉マンがバスケをやったらこういう風になるんじゃないか?

というくらい、「すごい」という陳腐な日本語しか出てこない、

人間の持つ俊敏力・俊敏力・跳躍力・パワーについて我々が知っているレベルすべてを

凌駕したパフォーマンスをみせてくれる、ハイスペクタルなスポーツなのだ。

 

では早速、スラムボールのルールを見てみよう。

 

【ルール】

・1クォーター8分の4クォーター制

 

・4対4 ベンチ入りは9人まで

 

・スリーポイントラインの外側からのシュートとダンクは3ポイント。 それ以外は2ポイント

 

・同チームの選手が同じトランポリンに入ってはいけない

 

・Protective Gear(膝・肘当てやヘッドギア)をつけることが原則

明らかな暴力は反則だが、手を肩より下げた状態でのタックル、

ドリブルをついた後は、前からなら上半身へのタックルはOK

 

 

となっている。

 

 

 

 

ん?

 

・Protective Gear(膝・肘当てやヘッドギア)をつけることが原則

明らかな暴力は反則だが、手を肩より下げた状態でのタックル、ドリブルをついた後は、前からなら上半身へのタックルはOK

 

いや、これ、もうバスケちゃうやろ。ラグビーやん。

 

思わず本音がこぼれ出てしまう、ツッコミどころのあるルールである。

 

 

ところで、ゴール前にトランポリンを設置する、ってどういうことなのか、会場の写真を見ていただこう。

 002

写真(http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f9/New_Slamball_Court_photo.jpg

 

ゴール前に横長にした2つのトランポリンを並べ、左右各々に縦長にした1つのトランポリンを設置している。

そして、トランポリンのフレームが太いため、

そのフレームを活用することでも動きの可能性を大きく広げることに成功している。

 

このスポーツの超人性は、

百聞は一見に如かず、ということで動画をさっそくみてみよう。

 

 【動画】

 

 

 

 

ダンク!ダンク!ダンク!

これでもかというダンクの応酬。

ダンスのように表現豊かなダンクの数々。

 

そして

とにかく、飛ぶ、跳ぶ、翔ぶ!

「とぶ」という字のあらゆる表現を体現したバスケ。

 

必殺技ならぬ、超人技のオンパレード!!

 

CGでも合成でもワイヤーアクションでもない!

映画でもない!

れっきとしたリアルスポーツである!

このパフォーマンスを生身の人間がおこなっているから驚きだ。

 

漫画の世界が現実化したのではない、

現実世界が漫画化したのだ。

 

 しかし、どうしてこのようなバスケが生まれたのだろうか?

 

創始者のメイソン・ゴードン氏曰く

「テレビゲームとスポーツを融合させたかった・・・」と。

 

 

 

 

 

も、もう一回確認してみようか・・・。

なぜ、このスポーツは作られたのか?

 

 

メイソン・ゴードン(創始者)「テレビゲームとスポーツを融合させたかった・・・」

 

 

お、おい、そ、そんな理由なの??

HUNTER×HUNTERのメルエルが死を悟った時に言った「 最期を…コムギ、お主と打って過ごしたかった。」という願いと重みが全然違う。

 

ノリで作ったんじゃないの?と最初に思ったけど、

本当にノリだったじゃないか!!

 

 

そんな、ノリのような理由で始まったにも関わらず、

2000年代はじめに誕生以来、TV中継も何度かされるなどアメリカで人気になりつつある「スラムボール」。

もしかしたら近いうちに日本でも行われるかもしれませんね。

 

(文:岡田紘樹)

トラックバックURL

新着記事
160 87 100x100 - 【ラグビーWC】勝つのはどっちだ?まるで筋肉星からやってきたような「南アフリカ」と「ウェールズ」が準決勝で激突!

2019年10月27日

【ラグビーWC】勝つのはどっちだ?まるで筋肉星からやってきたような「南アフリ
130 100x100 - 【ガチ猛者】3連勝ラグビー日本代表強すぎ!頭脳プレー+フィジカルモンスター化で世界最強クラスに覚醒か

2019年10月6日

【ガチ猛者】3連勝ラグビー日本代表強すぎ!頭脳プレー+フィジカルモンスター化
160 320 100x100 - 【令和・最初の敵】腹筋パワー!AIロボ「腹筋崩壊太郎」が大反響!鎧でも合成CGでもない筋肉ナチュボディ

2019年9月1日

【令和・最初の敵】腹筋パワー!AIロボ「腹筋崩壊太郎」が大反響!鎧でも合成C
160 319 100x100 - 【挑戦者】身体能力凄い!神業!or シュール?SNSで話題「ボトルキャップチャレンジ」が面白い

2019年7月7日

【挑戦者】身体能力凄い!神業!or シュール?SNSで話題「ボトルキャップチ
160 318 100x100 - 出場資格「マッチョであること!」広島で選手を大事にしたボディビルコンテストを開催したい

2019年7月7日

出場資格「マッチョであること!」広島で選手を大事にしたボディビルコンテストを
001 254 86x100 - 【待望】鳥種族「ゴリラカラス」登場!マッチョアニマル四天王の座を狙う

2019年6月23日

【待望】鳥種族「ゴリラカラス」登場!マッチョアニマル四天王の座を狙う
160 317 100x100 - 腕周り60cm、318kgのベンチプレス。ホワイトハウスのマッチョ料理人が1日おきに2千回も腕立て伏せをして鍛えている理由

2019年6月18日

腕周り60cm、318kgのベンチプレス。ホワイトハウスのマッチョ料理人が1
160 316 100x100 - 【ブラジリアン柔術】6月9日23時放送、日本が誇る最強柔術家・湯浅麗歌子選手が「情熱大陸」に登場!

2019年6月9日

【ブラジリアン柔術】6月9日23時放送、日本が誇る最強柔術家・湯浅麗歌子選手
160 315 100x100 - 【朗報】競泳・池江璃花子選手、3週間前から軽いトレーニング再開。ラグビーのリアリーファノ選手もエール

2019年6月2日

【朗報】競泳・池江璃花子選手、3週間前から軽いトレーニング再開。ラグビーのリ
160 314 100x100 - 【筋肉始球式】上裸で筋肉ピクピクさせて打席に立つ。実況も爆笑!アメリカの俳優テリー・クルーズ登場、その結果は…

2019年5月29日

【筋肉始球式】上裸で筋肉ピクピクさせて打席に立つ。実況も爆笑!アメリカの俳優
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に