このエントリーをはてなブックマークに追加 2016年3月15日 | タイムライン, 取材, 遠藤大次郎 |

完全に筋肉の為じゃないか!『DNA pro sport』女性開発者に聞いた、スポーツ向け遺伝子解析サービスを始めた理由

014

00024

■2016年3月1日(火曜日13:00~)

株式会社DNAextreme

(場所:東京都千代田区大手町2-6-4)

 

  近頃、遺伝子解析サービスが凄まじい勢いで増えている。遺伝子解析サービスとは、唾液を綿棒などで採取して郵送し、2週間程度の検査期間を経て、簡単に生活習慣病、ガン、体質などの気をつけるポイントや特徴を知ることができるものであり、かなりワクワク感の高いサービスである。

 速筋、遅筋などの筋肉情報についても解析してもらえ、とても気にはなるが値段もピンキリであり、いったいどの基準で選べばいいのかハッキリ言って難しい。そんな中、スポーツや運動に特化し、DNA解析+トレーニング動画もオンラインで提供するタイプのものがあるという情報をキャッチした。サービス名は『DNA sport』、株式会社DNAextreme 社によって提供されており、 プロ版として上級タイプの『DNA pro sport』 もあるという。まさかそんな便利なものがあるのか? と思い、情報をもとにサイトへアクセスすると、そこに記載されている説明文に震えていた。

 

DNA pro sportとは

DNAprosportは、スポーツ選手や、トレーニングを行っている方々に、DNAによって割り出されたトレーニング方法を行う事により、より効率よくトレーニングが可能になるサービスの事です。

そして、ケガを早く治す理論、疲れをとる理論などを折りまぜ、今まではやみくもに行っていたトレーニングがより洗練されご自身にあったトレーニング方法を見つけることができるのです。

(引用:http://www.dna-extreme.co.jp/)

 

これ、完全に筋肉の為の遺伝子サービスじゃないか……。

 あまりにも筋肉を意識した遺伝子解析サービスであり衝撃を受けてしまった。しかもこのサービスの開発者は女性であることが分かった。すぐさま筋肉バカは取材を申し入れた。いったい何故、開発者は地球上で最も価値のある筋肉の存在に気づき、それに特化した遺伝子サービスを開発する事になったのか。女神なのか、あなたは遺伝子界の女神なのか! 腕に巻きつけていたゴムチューブを引きちぎり現地へと向かった。

 

■開発者の左近明子さん

12231120_962662437147982_1990285390_n_R

左近明子さん

 2007年、健康コンサルタントに転身。DNA解析から判明する体質型遺伝子結果と膨大な栄養学情報を組み合わせ、1年間で1,200人のDNA健康コンサルティングや、各社事業の立ち上げ実績を持つ。【資格取得・受賞歴】サプリメントアドバイザー総合講座(ビジネスコース)取得。

 

■スポーツジムに通っている人は、なぜかハッピーそうだった

  「前の会社の時に、エステサロン850店舗を見ていたのですが、エステに来る方はみなさん運動をしたくない。運動をしたくないからエステに来ていました。しかし、運動をしないとドーパミンという幸せホルモンが出ないので、暗くなっている方が多かったです。一方、スポーツジムに通っている方達を見ると、なぜかハッピーそうであり、とても前向き。それは運動をする事によって、ドーパミンなどが出るからなのだろうと感じていました。今までは運動をしなくてもダイエットはできると言っていましたが、なんて事を言っていたんだろうかと思ったのです」(左近さん)

 

■当時は、ダイエットというくくりでしかサービスを提供できていなかった

 「食事とエステ、サプリメントで痩せることは痩せます。しかし、10人エステに通っている方がいたら、7人くらいは暗くなっていました。メンタルの所、そこが前の時の悩みでした。それまではダイエットというくくりでしか考えられていなかったのですが、メンタルなど全体の部分まで見ていくと何かが違うと気づきました」(左近さん)

 

■DNA遺伝子サービスを開発をしようと思った時、人脈は無かった

 「栄養と遺伝子の知識は豊富にありましたが、サービスをどうやって組み立てていこうかなと。困難であっても、絶対に作りたいと思いました。少しづついろんな方とつながり、突破口が広がり、協力者が集まってきました。ここまで来れたのは周りの人の力でしかないです。私の想いを聞いた周りの方の力で出来ました」(左近さん)

 

■サービスには「8項目」と「14項目」の2種類がある

・DNA sport版 (DNA 8項目を解析する)

10

 ③番目のB2AR、筋肉量が低下しやすいかどうかと④のACTN3、筋肉の付きやすさ、瞬発力の2つの遺伝子が特に気になる。

 

・DNA pro sport版 (DNA 14項目を解析する)

11

 ⑤のTRHR、除脂肪体重の量が多くなるタイプなのかが分かる項目が含まれている。

 DNA pro sport版はDNA sport版よりも遺伝子項目が多くなり、より詳細に情報を得ることができる。

 

■監修は森下竜一教授(大阪大学教授)と、米大リーガーやNFL選手の専属トレーナー

012

 検査結果やトレーニング提供の為に監修体制を構築している。

 

■トレーニング動画イメージ

005

 トレーニング動画は男性と女性の両バージョン、DNAからみる246パターンの動画が用意されている。メジャーリーガーの専属トレーナーが編み出したストレッチも提供されているようだ。

 

サービスはまだスタートしたばかり

 「まだこれから動画や遺伝子項目は追加され、随時リリースしていきます。マラソンだったらこの運動(トレーニング)、野球やサッカー、さらにポジションごとにもトレーニング動画を用意し提供していきます。遺伝子の追加予定としては、何時間寝ないとダメなタイプなのか。カプサイシン、カフェインを分解できる機能をもっているのか。などが分かるものを考えています。追加情報は、アプリで通知され、受けることができます。また、全国でどのくらいのトレーニングレベルかなど、ランキングで表示もしていく予定です」(左近さん)

 

■食事についても解析してくれる

002

  食事の内容もアプリから選択形式で選び登録することができ、栄養素として自分には何が足りていないか、リスクとして何があるかも教えてくれるとの事。「……。」スマホを握り締め、筋肉バカの心の中は決まっていた。「左近さん。興味が半端じゃないので、今すぐ使わせてください」。引きつづき、このサービスについて詳しく調べていきたいと思う。

 

(文・遠藤大次郎 写真・ 株式会社DNAextreme )

 

トラックバックURL

新着記事

2017年6月21日 New!

【パワーリフティング集中連載】久保 孝史(スポーツ科学研究者)「研究者とパワ

2017年6月19日 New!

【パワーリフティング集中連載】栗原 弘教「骨格とか人種とかがあまり関係ないの

2017年6月17日 New!

【パワーリフティング集中連載】伊勢崎 勝史選手「BIG3はトレーニング愛好家

2017年6月15日

【パワーリフティング集中連載】信田 泰宏選手「基本三種目を極めようとしている

2017年6月13日

【パワーリフティング集中連載】前野 由衣選手「一生懸命練習していればボディラ

2017年6月11日

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順

2017年6月9日

【予告】パワーリフティング集中連載! なぜ彼らはパワーを極めようとしているの

2017年6月5日

人気モデル・浦浜アリサ(27歳)プロテインの大切さ語る「女の子にとって、タン

2017年6月3日

【衝撃の事実】ネガティブ言葉を大声で叫ぶと身体能力が向上!「無駄無駄ッ!」イ

2017年5月30日

【栄養士が監修】トレーニング専用フードで注目、宅配サービス「Muscle D
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に