このエントリーをはてなブックマークに追加 2017年3月22日 | BODYBUIL, いまさら聞けない, タイムライン, トレーニング |

【なぜか元気が出る!】世界トップボディビル『ロニーコールマン』の今すぐ使えるハイテンションシャウト2種

ロニーコールマン(ボディビルダー)

身長: 180 cm 体重: 135 kg

上腕:60 cm  胸囲:152 cm

ミスター・オリンピア優勝(1998年-2005年の計8回)

 

 トレーニーならばジムで大声で叫んだり、トレーニング器具を激しく置き音を立てることがマナー違反なのは常識だが、ことスケールのでかい国、アメリカなどではOKな場所もある。そんなスケールのバカでかいシャウトOKな聖域で、ロニーコールマンが叫びながらトレーニングしている動画がある。通常ならばジム内の叫び声の映像は不快さを感じてしまうものなのだが、このロニーコールマンについては、そのあまりの迫力、陽気さによって不快になるどころか、不思議と元気が出てしまうのでご紹介したい。

 

■基本シャウト1:「ポゥッ♪」「ポーーーーーーゥッ♪」

 高重量のダンベルを置くと同時に「ポゥッ♪」とハイテンションシャウトしている。この中にある「ポゥッ♪」はマイケルジャクソンの「ポゥッ♪」とほぼ同じ声の高さ、キレ味でシャウトしている事が分かる。シャウトは「ポーーーーーーゥッ♪」と長く使う事もでき、基本シャウトとしてよく登場する。

 

■基本シャウト2:「Light weight baby」(ライウェイベイベー!)「Light weight♪(ライウェイ!)」

 次に紹介するのは「こんなの軽いぜ!」という意味をなしている「Light weight baby(ライウェイベイベー)」というシャウトだ。より短くシンプルに「Light weight♪(ライウェイ!)」のみのシャウトもある。このシャウトはベイビーを織り交ぜたり省いたりすることで、緩急を出してマンネリ化を防いでいる事が分かる。これほどハイテンションなシャウトをこれほどハードなウェイトトレーニングで行う人には遭遇したくてもできない。やはりボディビルの世界でトップを取り続けた男、ロニーコールマンのシャウトはモノが違うのだ。

 

■ここぞ!のシーンで「脳内ロニーコールマン」を召喚しよう

 シャウトが許されている場所ならばもちろん、日々生き抜くハードなビジネスシーンなど、自らがピンチなり弱気になりそうな時は必ずある。そんな時には魔法のランプの魔人のごとくロニーコールマンを脳内召喚し、「ポゥッ♪」や「ライウェイベイベーーーー!」などを連呼させたり、自らも適度な声量でシャウトしてみてはいかがだろうか。己の持っている元気と潜在能力がモリモリと沸き出してくるかもしれない。

 

(文・編集部)

トラックバックURL

新着記事

2018年10月10日

【募集中!】筋肉バカGO!の「ダイアリー機能」(トレーニング日誌)を使ってく

2018年10月8日

【日本ボディビル】第64回、鈴木 雅選手(37歳)が優勝し9連覇達成、モスト

2018年9月29日

たんぱく質 15.0g、ザバス「MILK PROTEIN脂肪0シリーズ」”ベ

2018年9月27日

【RIZIN】全13試合の試合順が決定!9月30日、メインは激アツの那須川天

2018年9月26日

【筋肉は鎧】日本代表・ラグビー浅原拓真選手(31歳)が車に腹筋をひかれるも屈

2018年9月23日

高身長、筋肉、優しさ、経済力など女子が男に求めるパラメータを計算式に当てはめ

2018年9月18日

【訃報】総合格闘家、山本“KID”徳郁さんが逝去 。ジムの公式ツイッターが報

2018年9月17日

【ポセイドン召喚】まるで神話の神にしか見えない…。マッチョ歯医者さんの肉体が

2018年9月3日

【筋肉防御】総合格闘家・石井慧、チョークをくらわないため筋肉で首をなくすこと

2018年8月21日

【甲子園・決勝】これはなんて漫画?大エース光る地元ミラクルメンバー金足農業か
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に