このエントリーをはてなブックマークに追加 2014年5月17日 | スポーツ, タイムライン, 編集部 |

【大リーグでも禁止】ドーピング問題、野球界に蔓延っていた薬物「グリーニー」とは

 hoge

 元プロ野球選手が筋肉増強剤の使用を告白。恐ろしい副作用も

http://news.livedoor.com/article/detail/7723690/

【引用】30日深夜放送、テレビ東京「解禁!暴露ナイト」では、

「死にかけた筋肉増強剤の魔力と恐るべき副作用!」と題し、

現役時代はロッテ、中日に在籍した元プロ野球選手・愛甲猛氏が、

筋肉増強剤の使用をカミングアウト。その恐ろしい副作用とともに詳細を語った。(2013年05月31日)

 

 2014年の週刊文春の報道でまた疑惑が再燃するのだろうか。

それは野球界に蔓延っていた薬物「グリーニー」。

米大リーグで頻繁に使用されており、カプセルが緑色であることから『グリーニー』と呼ばれていたもの。

野球ファンの中には、この薬物の名前を聞いた事がある人もいるだろう。

興奮剤の一種で、使うと集中力が増す、身体能力が一時的に向上する、

疲労感が無くなるなどの効果があるため、以前、大リーグなどで多く使用されていたと言われる薬物だ。

しかし、2006年にはその大リーグでも禁止され、現在では世界各国で違法薬物の認定を受けている。

 

 このグリーニーは日本の野球界でも度々その名前を取り沙汰されているいわくつきの薬物だ。

まず2005年、週刊朝日が千葉ロッテマリーンズの選手10名近くがグリーニーを使用していると報道したが、

チームサイドはこれを一貫して否定。

しかし週刊朝日サイドを提訴して真実をはっきりさせる事無く、疑惑自体はうやむやのままになってしまった。

 さらに、2007年には、元巨人の投手が週刊ポストの誌上で2000年の巨人のチーム内で、

一部の選手がグリーニーを使用していたことを暴露。

 

 次ぐ2008年には、試合後に行われたドーピング検査で、

当時巨人に所属していたルイス・ゴンザレスからグリーニーが検出され、

NPBはゴンザレスに一年間の出場停止処分が科す事を発表。

その影響で巨人は同選手を解雇処分とした、というスキャンダルが起きている。

ちなみにこれは日本のプロ野球においてドーピングにより解雇処分になった初のケースである。

 

 そんなグリーニーの名を久々に聞くこととなったのが、今年、週刊文春が4月3日号に掲載した記事だ。

その中では元野球選手が、巨人時代に元チームメイトからこのグリーニーを譲り受け、使用していたという報道。

 

 さらには、そのグリーニーを譲り渡した元チームメイトへ氏が薬物を催促したメールを掲載しているのである。

これに対し週刊文春の発行元である文芸春秋に対し、元野球選手は名誉毀損で損害賠償及び謝罪広告を求める訴訟を起こす準備を進めていると発表し、断固対決の姿勢を見せている。

 

 この報道が真実かどうかを判断するには、事の進展を見守るしかない状況ではあるが、

その腕一本で報酬を稼ぎ出すプロアスリートたちにとって、より良いパフォーマンスを出す事はまさに責務。

実力が落ちれば、減棒、最悪解雇は避けられない・・・。

その過度のプレッシャーに晒され続ける彼らにとって、

こういった薬は時に耐えがたい誘惑になるのかも知れない。

 

 ”たとえ副作用や違法性があっても減棒や解雇を避ける為には仕方がない。”

苦労して上り詰めた世界で活躍する為に、その後の自らの健康を失うという選択。

そんな選択をプロアスリートたちにさせない為には、はたしてどうすればよいのだろうか?

 

(文:編集部)

 

トラックバックURL

新着記事

2018年8月21日 New!

【甲子園・決勝】これはなんて漫画?大エース光る地元ミラクルメンバー金足農業か

2018年8月16日 New!

【ドラフト候補】相手に与える威圧感、大阪桐蔭高校の藤原恭大選手の筋肉がヤバす

2018年7月31日

【日本屈指の最驚男】100m以上から飛ぶ危険を楽しみ成功させる。誰も経験して

2018年7月28日

【筋肉界参戦】身体を鍛えない日本人男性に不満だったダレノガレ明美、自ら鍛える

2018年7月1日

【筋トレに使える“科学的根拠”の正しい理解:第5回(最終回)】どのようにすれ

2018年6月18日

【肉体改造】与沢翼「筋トレ&減量だけを考えたい」秒速で増やせない筋肉の価値に

2018年6月11日

【筋トレに使える“科学的根拠”の正しい理解:第4回】「科学的」を謳う広告がな

2018年5月26日

【映画】怪物モード3体の強さ異次元すぎ!『ランペイジ 巨獣大乱闘』巨大化&凶

2018年5月19日

【筋トレに使える“科学的根拠”の正しい理解:第3回】「科学」はみなさんが思っ

2018年5月12日

【動物的本能】TAKE IT EASY代表・鈴木悟さん「昔キックボクシングを
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に