【プロテイン入門】プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です

protein

 プロテイン。筋肉を育てる為には避けて通れぬ神の粉、プロテイン。しかし、プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”タンパク質”の英語名を指します。 牛肉にも豚肉にも鶏肉も、もちろんお魚や野菜、多くの食べもにも含まれている栄養素、タンパク質。ただ、トレーニーにおいて一般的に、プロテインは、市販されている粉末のことを意味して使われます。便利なあいつ、タンパク質が凝縮された粉末をプロテインと呼びます。

 

  「プロテイン飲んでる?」

 まるで、今日朝飯食べてきた? というほどにナチュラルな台詞。ジムや公園はもちろん、学校で職場で交わされているのを聞いた事があると思いますが、これは市販されているプロテインパウダーを牛乳や水で溶かして飲んでいる?という意味になります。

 

■筋肉増強剤的なドーピングのような効果はありません

  そして、このプロテインは栄養補助食品、つまりサプリメントであり、筋肉増強剤的なドーピングのような効果はありません。この誤解は長年繰り返されており、情報伝達が発達した現代においても誤解のやりとりをたびたび見かけます。2chなどのネット掲示板ではギャグとして、ムキムキの人に対して、絶対プロテインやっている(筋肉増強剤を使っている)と書き込む人がいます。正しい知識を身につけてスルーか大人ギャグとして笑っておきましょう。

 

 プロテインはもちろん、副作用のようなものもありません。たんぱく質を多く含んだ、ステーキや牛乳から、たんぱく質だけ取り出して粉末にしたもの。  と伝えればあれば、危険なものだと誤解はされないのではないでしょうか?

 

■昔のプロテインは不味かったけど、今はデザート級に美味しい

 今市販されているプロテインの多くは、味も風味も良くなり、その中に含まれる栄養素も、ビタミンやミネラルなど豊富になっています。昔のプロテインは大豆感が凄く粉っぽくもあり不味かった。良薬口に苦し。いうほどに、筋肉の為なら耐えられる!むん! といった気合で飲むものでした。これはこれで面白かったのですが、今はデザート級に美味しいです。そのため、プロテインは好意的に見られ誤解も解けやすくなっていき、現代では多くの女性も飲むようになっています。

 

■美容の観点からもプロテインは注目されている

 必要なたんぱく質を補うということ以外にも、美容などあらゆる点からプロテインパウダーが含む栄養素的な効果が見直されています。紙や肌、爪など美に関して重要なものはタンパク質で出来ています。だからこそ、タンパク質をしっかりと補給することで美しい状態になっていく。という理由からプロテインは美容の面でも注目され、常用として飲まれるようにもなっています。体に必要な栄養素を補うプロテイン、筋肉の為にも美容の為にもGoodな食品ですね。

 

新着記事

2017年11月16日 New!

【トレーニング理論】長友佑都「やらされてきた身体と思考」と、遊び感覚で「楽し

2017年11月13日 New!

ベンチ140kg以上、日本最強クラスの筋力を持つテニスプレヤー松尾友貴選手「

2017年11月10日

【ケガの功名】舛添要一氏(68歳)、股関節手術から4ヶ月。筋トレで順調な回復

2017年11月5日

【細マッチョ違い】マツコ「(その体は違う)奥にある筋肉組織が出てきただけ」と

2017年10月29日

【ドラフト】兵庫のゴリマッチョ、三田松聖高校の稲富 宏樹(捕手)がオリックス

2017年10月18日

【朗報】元俳優・成宮寛貴さん「筋肉は裏切らない」ことに気づきワークアウト開始

2017年10月16日

【RIZIN】激ツヨカワ!ウェイトトレーニングで新たな成長を実感するRENA

2017年10月10日

「ジムで出会って結婚という人は結構いる」ジャスティス岩倉さんに聞く、マッチョ

2017年10月9日

これぞ王者の風格!日本ボディビル選手権、鈴木雅選手(36歳)が8連覇「ボディ

2017年10月2日

筋肉の動きを科学的に解析、RIZAP × グンゼによる 最先端トレーニングウ
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に