このエントリーをはてなブックマークに追加 2014年10月29日 | スポーツ, タイムライン, トレーニング, 舟橋立二 |

【特別コラム・舟橋 立二さん】一般の方もアスリートに近づける!『運動神経が良い』ってどういうこと?

*******************************************

001

舟橋 立二さんのプロフィール:(CSCS, JATI-ATI, FA Medical Level2)

トレーニング指導・トレーナー派遣のADP :http://adptrainers.com/

日本に帰国し、日本大学バスケットボール男子・女子部のヘッド・トレーナーとして日本一(男子のみ)を経験する。 その後、三菱重工相模原ラグビー部にて5年間ヘッド・トレーナーを務め、現在はプロバスケットボールチーム東京エクセレンスのメディカル・スーパーバイザーとなり、2013-2014シーズンで優勝に貢献する。また玉川大学サッカー部のストレングスコーチ、ロンドンオリンピック代表でアジア大会2014の銀メダリストの土居愛実(セーリング)の専属トレーナーとしても活動する。

*******************************************

001

  オリンピックの選手やNBAの選手と言うとまるで運動神経抜群で、私たちには手に届かないような存在だと思っていませんか?

それは大きな勘違いかもしれません・・・。

今回は、アスリートのトレーニングを通してアスリートと一般の方との違いをお話ししたいと思います。

先日、とある企画で一般の方にトップアスリートが行っているトレーニングと同じ内容のメニューを行ってもらう機会があり、気づかされたことがあります。

 

■運動神経はすべての人間の中にある神経のこと

 まず運動神経とは、私たちすべての人間の中にある神経です。

意外と運動神経とは形ないものと思っている方がいます。まるで、想像上の龍のように。

筋肉を動かすために脳から指令を出し、筋肉まで続いているものが運動神経で、中枢から末梢に向かうため『遠心性神経』とも呼びます。

ちなみに内蔵も筋肉で出来ているので(心臓も)、それらを動かす神経も運動神経になります。

これを内蔵運動神経と言います。

 

その運動神経。

 

一般的に言われる「運動神経が良い」とはどういうことかというと、生理学的には、

脳から指令が出てから運動神経を通って筋肉まで達し、筋肉が動かすまでの早さが、他の人と比べて早いということであると考えます。

また、その指令が伝言ゲームのように使う筋肉まで届いていくために最後の人(筋肉)に伝わるときには、それが正しく伝わっているか、微妙に違っているかが大きな問題となってきます。

つまり「運動神経が良い」という要因の一つは、

☆脳からの指令が早いスピードで伝わり、

その適切な筋肉を素早く動かすことができ、

正しい位置に素早く動かすことが出来るかどうか☆

ということになると私は考えます。(もちろんそれ以外の要素もあります)

つまり、そこをトレーニングすることにより一般の方もアスリートに近づくことは出来ます!

一般の方がプロと同じトレーニングをすると、気づかれることは、そのトレーニングの延長上にプロがいるということ。

そう考えるとアスリートが身近に感じるものです。

 

 (文:舟橋 立二)

 

【ADPセミナー情報です】
————————————————————–

《テーピングセミナー》
ATV3級 A(足関節・足底) : 11/2(日) 13:30-18:30
    B(膝関節・アキレス腱): 11/9(日) 13:30-18:30
C(傷害別)  : 11/16(日) 13:30-18:30
試験 :11/23(日) 時間未定
※ 詳細・申し込みは、http://adptrainers.wix.com/atvweb

《関節手技アプローチ-ジョイントモビライゼーション》
JM7 Lower 4 – Ankle&Foot: 12/6(土曜日) 15:00-18:00
       Knee : 12/13(土曜日) 15:00-18:00
       Hip Joint : 12/20(土曜日) 15:00-18:00  
Limber&SI : 12/27(土曜日) 15:00-18:00
※ 詳細・申し込みは、http://adptrainers.wix.com/jtmob7

《フィールド上での傷害評価法》
OFFA – 足関節 : 12/14(日曜日) 13:30-16:30
   - 膝関節    : 12/21(日曜日) 13:30-16:30
※ 申し込みは、https://ssl.form-mailer.jp/fms/a3a42283313644
————————————————————–

 

トラックバックURL

新着記事

2018年12月11日 New!

ベンチプレス130キロのボディビル高校生日本一の宇佐美君登場。なかやまきんに

2018年12月11日 New!

【異次元揚力】なぜ吉田輝星投手をドラフト1位で指名?栗山監督「144~149

2018年11月26日

【プロフェッショナル】本田圭佑「空間認知能力を高めるトレーニング」を披露、ギ

2018年11月24日

【多忙なビジネスマン必見】この発想はなかった!「実戦を想定したトレーニング」

2018年11月20日

「パワーカップル」という語感が良すぎるパワーワードが誕生し新定義での活用に期

2018年11月11日

【特別コラム・山田崇太郎さん】柔術とは打撃のないマーシャルアーツ。ピュアな柔

2018年11月10日

【朗報】筋肉の偉大さに気付いてきたか、2018年の流行語大賞に「筋肉は裏切ら

2018年10月27日

鈴木雅「トレーニングの価値感は押し付けない」「トレーニングの否定は何も生まな

2018年10月10日

【募集中!】筋肉バカGO!の「ダイアリー機能」(トレーニング日誌)を使ってく

2018年10月8日

【日本ボディビル】第64回、鈴木 雅選手(37歳)が優勝し9連覇達成、モスト
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に