このエントリーをはてなブックマークに追加 2017年11月13日 | TENNIS, スポーツ, タイムライン, 取材 |

ベンチ140kg以上、日本最強クラスの筋力を持つテニスプレヤー松尾友貴選手「フィジカルは重要」

(日付:10月26日 場所:有明テニスの森)

松尾友貴(まつお ゆうき)選手、プロテニスプレイヤー(所属:橋本総業ホールディングス)

1990年10月15日生まれ(27歳) 身長 176cm 

日本最高ランキング、シングルス18位 ダブルス16位

 

 ガタイの良いスポーツ選手としてテニスプレイヤーをイメージする事はあまりないのではいないでしょうか? なぜなら、テニスの選手がウェイトトレーニングをやっているイメージがないから。しかし、日本最強クラスの筋力を持つテニスプレイヤー・松尾友貴(まつお ゆうき)選手は違う。特に日本のテニスプレイヤーがあまりやらない、ウェイトトレーニングをガッチリとやっており、とてもガタイが良い選手。筋力はベンチプレス140kgも可能なほどに発達しており、サーブのスピードも超トップクラス。地道にウェイトトレーニングを行い、筋肉を強化している理由について、お話を伺うことができました。

 

――ベンチプレスが最高で150kgという情報を目にしました

 「ベンチプレスに関して最近はあまりやっていなくて、ダンベルとか他のベンチ系の種目を様々やっています。ベンチプレスは月に1回やるかやらないか。でも、120kgとかで6~7回は普通にできるので、おそらくMAX140kgくらいはいけると思います。ベンチプレスは重さになれないと、なかなか挙げるのが難しいですけどね」

 

――テニス選手がウェイトをやって鍛えている、というイメージが無い人は多いのではないでしょうか? 

 「実際に日本ではウェイトやっている人は少ないですよね。特に僕みたいにガッツリやる人は。それが良いか悪いかは個人ごとに考え方があるのですが、僕は昔からトレーニングが好きで習慣みたいになっていて。もちろん沢山走ったりもしていたのですが、その中でもウェイトトレーニングが結構好きでした」

 

 「もちろんテニスは強くなります。最初はテニスで強くなる為にとやっていました。テニスに筋肉が活かされていく手ごたえ。それが単純に習慣になっちゃいました(笑) ウェイトはそういう中毒性があると思います。やらないと、一日が上手くいかないみたいな。この感覚はけっこうマニアックなんですけど(笑) 日々ウェイトで自分と向き合っていたら、テニスも生活も上手くいく」

 

――ウェイトトレーニングが甘いとテニスのプレーに影響でますか? 

 「ウェイトの量や質が甘くなると、テ二スのプレー(パフォーマンス)も甘くなりますよ。ある程度の筋肉の状態を保ちたいです。たとえば試合前にケアなどでユルユルにされたりすると、全然うごけない。サーブとかもシックリこない。筋肉に張りを感じたり、少し疲労したほうがいいのかなと。それがある意味、自分のベストな常態なのかなと思っています」

 

――海外はガタイの良い選手は多いでしょうか?

 「ここ数年は海外に行ってないのですが、ガタイの良い選手も多いですよ。海外でも同じで、ウェイトトレーニングを重視しない選手はいますが、最低限、スポーツって体幹とか必要ですし、左右にボールをふられたとき、疲れてきたとき、フィジカルは重要だと思います。日本は海外に比べるとウェイトやる選手が、ちょっと少ないんじゃないかなと思いますね。僕はウェイトとかは絶対やるべきだと思います」

 

――トレーニングを始めた時期について教えて下さい

 「トレーニングは中2くらいから自重でやり、中3くらいから重い器具を使ったもの、ウェイトをやりだして。そこからずーっとですね。でも、ちゃんと栄養の事とか種目とかキッチリ考えてやりはじめたのは、2014年くらいからです。考えながらウェイトをやるようになったことで、テニスの成績が向上していったのもそうですけど、自分の生活が正されていますね。単純に、自分を追い込んでいる時間が好きなだけというのもありますけど(笑)」

 

――最後にトレーニングしている方達に是非メッセージをお願いします

(松尾友貴選手(左)とテニスコーチ・宮地一道さん(右))

 「やっぱりトレーニングって、自分と向き合う1つだと思います。しっかりと計画練ってトレーニングして、自分がどうなりたいとか、それを頭にいれて、そこにむかってコツコツやっていくと、体も生活も変わってくる。トレーニングは是非、続けてほしいなと思います!」

 

(文・遠藤大次郎 写真・筋肉バカドットコム)

トラックバックURL

新着記事

2018年1月22日 New!

【裸王】棚橋弘至 、大雪が近づくも筋肉基礎代謝マックス状態により「今日は寒い

2018年1月19日 New!

【筋肉科学】ヒトはどこまで速く、強くなれるのか? 科学雑誌、Newton『筋

2018年1月14日

ボタン一つで手軽にプロテイン!森永製菓とドトールコーヒー、プロテインマシンを

2018年1月8日

【姿勢意識】長友佑都「(猫背では)後側の筋肉使えない、姿勢の違いにびっくりす

2018年1月1日

【謹賀新年】どんなバイトしたらそんな風(筋肉)になるんですか?松本人志「進化

2017年12月31日

【トレーナー向け】アビリティトレーナー入門講座!加速度・ジャイロセンサーを効

2017年12月29日

プロテインの老舗、健康体力研究所が指筋を使う「1いいね!」で1食分の食料支援

2017年12月26日

【幸運】サンタさん、クリスマスに「トレーニング」と「筋肉痛」をプレゼントしま

2017年12月22日

【筋肉可視化】タニタ、筋肉や脂肪などの「体組成」を立体的(3D)に表現するア

2017年12月16日

【RIZIN】「世界は、拳ひとつで変えられる。」2017年の格闘技大会に向け
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に