このエントリーをはてなブックマークに追加 2017年3月7日 | スポーツ, タイムライン, 編集部 |

これは有り得ない!「メルカリのグローブを売るCM」が真剣にスポーツに打ち込んでいる選手と関係者を怒らせる理由

 これは炎上商法なのだろうか。とても残念な理由でメルカリのCM「メルカリ17年冬CM_ 【サヨナラ青春】30秒」編が話題だ。フリマアプリのメルカリが高校野球を舞台にしたCMを放送しているのだが、その内容はもはや、球児達に限らずスポーツに真剣に打ち込んできたトレーニーならば有り得ない! と感じてしまうものになっている。

 

■CMは緊迫した最終回の守備シーンから始まる

 CMの舞台は、青春をかけてのぞんだ最後の高校野球の試合。エースは一打サヨナラというピンチで、全力を尽くす。しかし豪快に打たれてしまうという衝撃のシーンからはじまる。「まさか!」と振り返るピッチャー、そして監督、自チームのベンチ。もちろんスタンドで応援しているチアリーダー達も振り返った。

 

■外野手の必死な表情が泣ける

 そんな中、なんとしてもキャッチしようと必死に打球を追いかけるレフトの外野選手が映る。映像はスローモーションになり切ないメロディーが流れていた。このシーンは非常に良く、徐々に打球がホームランである事が伝わってきた。入ればサヨナラ負けだ。球児としての熱い青春、戦いが終ってしまう瞬間。この外野手の顔は素晴らしく良い。真剣にスポーツに打ちこんで来た者ならば、誰もが目頭が熱くなる表情だ。

 

 だがここから、このCMに問題が発生する。ベンチにいる1人のチームメンバーが、打球を見て試合に敗れたなと判断するやいなや、瞬時に『身に着けているグローブをメルカリのアプリを使いその場(ベンチ内)で売る』という衝撃行動をとるのだ。

「あー(ホームラン)いったねこれ。ハイ、売ろ!」と明るく言う問題のシーン。

 厳密には、まだホームランだと決まっていないタイミングであろう。打球を見て判断。しかもそれだけでなく、この1人がメルカリでグローブを出品したあとに負けが確定するのだが、まるでウソ泣きのような行動をベンチ内でするところまでがワンセットでCMとして流れるのだ。

 

 「つかわないもの、手軽に売れる」というメルカリのナレーションも加わる。これはあまりにも構成がひどすぎるぞ・・・!! グローブがなくて野球ができるか! である。そこで、このCMがどう有り得ないのかを3点あげたい。

 

■ありえない点1:試合中にスマホをいじらない

 まず、高校野球の試合中、しかもベンチでスマホをいじるなんて事は絶対にありえない。最後の最後まで、ベンチからチームの勝利を信じて試合を見つめ声援を送っているのが青春をかけた試合だ。

 

■ありえない点2:グローブの値段がやたら安い

 その場でグローブを売る行為はもちろん有りえないのだが、4500円という価格で出品する点も有り得ない。硬式野球グローブは定価では3万円~5万円ほどするため、値段という面から見ても色々とひどい。必死にお金をやりくりして高価なグローブ用品を買った親も絶対に良い気持ちはしないだろうし、さらにいえば、丹精込めて作っているスポーツメーカーも即売りかつ4500円て・・・。と、激オコなシーンではないだろうか。

 

■ありえない点3:ベンチにそんな仲間がいたら嫌過ぎる

 そもそも、監督含め、誰もが青春をかけて3年間練習を積んできた仲間の中にそんなやつがいるとは思いたくはないだろう。過去、高校野球のベンチで応援してきた選手達も、そんな風に自分達が描かれていたら嫌な気持ちになるものだ。ましてや強豪高などでは部員は100名を超えており、ベンチに入れずスタンドで応援を送る3年生も沢山いるのだ。そんな世界で共に練習を積みしのぎを削ったきたメンバーの中に、その場でメルカリでグローブ出品してウソ泣きでその場を合わせる。そんな事は・・・、絶対にありえないのだ!!

 

■メルカリのCM関係者に見て欲しい、野球道具「こだわりの一品」〜 vol.4 炭谷銀仁朗 〜

 メルカリには、是非とも埼玉西武ライオンズの野球道具「こだわりの一品」というシリーズ動画を是非みていただきたい。これを観れば、スポーツ道具をどれくらい大切にしている人達がいるのか。きっと分かるのではないだろうか。何度見ても即グローブを売るCMには問題を感じる。高校球児に対してだけでなく、スポーツに真剣に打ち込み道具を大切にしている人達、そして、選手を応援している多くの関係者に対しても、とても失礼なCMになってしまっているといわざるを得ない。

 

(文・編集部)

トラックバックURL

新着記事

2017年6月24日 New!

【パワーリフティング】簡単に分かる!日本屈指の選手達が送る、ルール説明動画

2017年6月21日 New!

【パワーリフティング集中連載】久保 孝史(スポーツ科学研究者)「研究者とパワ

2017年6月19日

【パワーリフティング集中連載】栗原 弘教「骨格とか人種とかがあまり関係ないの

2017年6月17日

【パワーリフティング集中連載】伊勢崎 勝史選手「BIG3はトレーニング愛好家

2017年6月15日

【パワーリフティング集中連載】信田 泰宏選手「基本三種目を極めようとしている

2017年6月13日

【パワーリフティング集中連載】前野 由衣選手「一生懸命練習していればボディラ

2017年6月11日

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順

2017年6月9日

【予告】パワーリフティング集中連載! なぜ彼らはパワーを極めようとしているの

2017年6月5日

人気モデル・浦浜アリサ(27歳)プロテインの大切さ語る「女の子にとって、タン

2017年6月3日

【衝撃の事実】ネガティブ言葉を大声で叫ぶと身体能力が向上!「無駄無駄ッ!」イ
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に