このエントリーをはてなブックマークに追加 2016年3月21日 | スポーツ, タイムライン, ラグビー, 注目選手, 菊竹 祥平 |

【東芝・知念雄】184cm125kgというサイズは世界レベル。ハンマー投げからラグビーへ転向した猛者

http://ryukyushimpo.jp/

 

ハンマー投げからプロップ!東芝・知念転向2年(2016年1月21日)

 ラグビー転向2年で、トップリーグ(TL)の頂点に王手をかけた男がいる。6季ぶりの優勝を目指す東芝のルーキー、プロップの知念雄(25)。陸上のハンマー投げで東京五輪出場を夢見ていたが、運動能力が認められて昨季から練習生として加入した。正式メンバーとなった今季は6試合に出場

(中略)

184センチ、125キロの巨体。父信勝さん(52)は円盤投げで日本王者の経験を持つ。かつて「サラブレッド」と呼ばれた知念は、陸上で鍛え上げた強靱(きょうじん)な足腰で馬車馬のごとく駆け回る。

(引用:http://www.nikkansports.com/sports/news/1594811.html)

 

ハンマー投げ大学王者・知念雄、ラグビーへ転向(2014年5月9日)

オフ期間のトレーニングとして、2012年10月から順大ラグビー部の練習や試合に参加していたところ、ラグビー関係者の目にとまった。「世界を目指そう」との誘いに「第一線でできるのはあと5~10年。精いっぱいできる種目を選ぼう」と新たな挑戦を決断した。

(引用:http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-224999.html

 

■184cm125kgというサイズは世界レベル 

 すごい選手がいるものですね。。ラグビー選手は、だいたい高校生くらいまでにはラグビーを経験します。その中で、大学院を出てからラグビーを始め、そのスタートがトップリーグで優勝を争えるチーム。そのようなチームに入る事すら難しいのだから、いかに知念選手の持ち合わせた身体能力が高いかが想像できる。ポジションはプロップ。プロップとはスクラムの先頭で組むポジション。スクラムの要である。184cm125kgというサイズは世界レベルで遜色ない。

 

■スクラムには上手さ、駆け引きなども必要

 だが、スクラムには純粋なパワーだけではなく、上手さ、駆け引きなども必要であり経験でしか得られないもの(技術)がある。「そこでプロップの選手に勝つのは難しいのでフィールドプレイで勝負したい」とラグビーマガジンの取材に答えていた。ハンマー投げの選手は瞬発力が命。いってみれば、デカイ体にバネのようなしなやかさがある。プロップというポジションで、フィールドプレイで当たって、走って、目立つ選手は試合を観ていてもすごさが伝わりやすいので注目していきたい。

 

 (文・菊竹 祥平)

トラックバックURL

新着記事

2017年6月24日 New!

【パワーリフティング】簡単に分かる!日本屈指の選手達が送る、ルール説明動画

2017年6月21日 New!

【パワーリフティング集中連載】久保 孝史(スポーツ科学研究者)「研究者とパワ

2017年6月19日

【パワーリフティング集中連載】栗原 弘教「骨格とか人種とかがあまり関係ないの

2017年6月17日

【パワーリフティング集中連載】伊勢崎 勝史選手「BIG3はトレーニング愛好家

2017年6月15日

【パワーリフティング集中連載】信田 泰宏選手「基本三種目を極めようとしている

2017年6月13日

【パワーリフティング集中連載】前野 由衣選手「一生懸命練習していればボディラ

2017年6月11日

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順

2017年6月9日

【予告】パワーリフティング集中連載! なぜ彼らはパワーを極めようとしているの

2017年6月5日

人気モデル・浦浜アリサ(27歳)プロテインの大切さ語る「女の子にとって、タン

2017年6月3日

【衝撃の事実】ネガティブ言葉を大声で叫ぶと身体能力が向上!「無駄無駄ッ!」イ
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に