このエントリーをはてなブックマークに追加 2015年10月25日 | プレスリリース |

【4,000件の回答】「サプリメント」を医師は自身で摂取しているか?患者には勧めるか?

unnamed

約65%の医師が「自身は摂取していない」と回答し、 約86%の医師が「患者さんに勧めることはない」と回答

医師の3人に1人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」( https://medpeer.jp )の 会員医師(10万人以上)を対象に「サプリメントの摂取」についてのアンケートを実施したところ、 4,000件の回答があった。

 

■結果内容

「医師自身がサプリメントを日常的に摂取しているか」 について、 「摂取していない」という回答が64.9% (2,595名)で過半数を占めた。 「効果に疑問がある」「サプリメント摂取より食事のバランスが大事」というコメントが多くみられた。 一方、 「定期的に摂取している」は18.5%(740名)、 「たまに摂取している」は16.6%(665名)だった。 摂取しているものは、 マルチビタミン・ミネラル、 ブルーベリー、 DHA、 EPAなどのサプリメントが目立つ。

「患者さんにサプリメントを勧めることはあるか」 については、 「勧めることはない」が86.2% (3,447名)で圧倒的に多く、 「きちんと食事がとれている人なら必要ない」「とりすぎると有害になる場合がある」といった意見がみられた。 「相談を受ければ、 否定はしないが積極的には勧めない」という声も多い。 「患者さんに勧めることがある」は11.9%(477名)、 「積極的に勧めている」は1.9%(76名)と少数派であった。 勧めるサプリには、 「妊娠中の女性に葉酸」のほか、 鉄剤、 亜鉛、 ルテインなどが挙げられた。

 

■回答コメント(一部を抜粋)

【サプリメントを自身で摂取しない、 または患者に勧めない理由】

・普通に食事が摂取できており、 必要性を感じない。 患者から相談をうけることはあるが、 積極的に勧めることはなく、 自己責任での摂取にまかせている。 (50代、 循環器内科)

・バランスのとれた食事と運動が一番です。 (30代、 一般内科)

・食事で必要な栄養素を摂取するのがベストですし、 患者にそのように指導しています。 (40代、 血液内科)

・害になることのほうが多く、 間違った生活指導と考える。 (60代、 一般内科)

・化学的根拠の乏しいものを患者さんに勧めることはありません。 (40代、 老年内科)

・よほど特殊な人(たとえばプロのスポーツ選手や極端な偏食家)でない限り不要です。 医薬品のような、 ブラインドコントロールが行われていませんし、 発売後の調査もされていない物を医療者が勧めるのは、 良心がとがめるところです。 時に健康被害も起こしています。 (60代、 一般内科)

・副作用もあり、 患者さんに勧めることはない。 (40代、 一般内科)

・効果が不明確なうえ、 他の薬剤と相互作用が懸念されます。 (30代、 総合診療)

・薬として認可されないものは医師の業務の範囲外と思います。 ただし摂取している患者にやめるように言うこともありません。 (50代、 泌尿器科)

・サプリメントの成分は全て食物に入っている。 何でも好き嫌いなく食べるように指導している。 (50代、 脳神経外科)

 

【サプリメントを摂取している、 または患者に勧める理由】

・ルテインなどのデータが出ているので 黄斑変性の方には勧めています。 (50代、 眼科)

・妊娠中の葉酸のみ、 勧めています。 (30代、 一般内科)

・鉄剤のサプリだけは、 貧血の方に勧めています。 (40代、 一般外科)

・亜鉛だけは、 保険薬に適用がありませんので。 (50代、 一般内科)

・筋トレした後にプロテイン内服しています。 患者さんに勧めることはありません。 (30代、 整形外科・スポーツ医学)

・ビタミンB群を摂取すると筋肉痛・肩こりが治るような印象があり、 よく錠剤を服用しています。 ただ、 患者には勧めたことはないです。 (40代、 泌尿器科)

・ビタミン剤を摂取しています。 以前より口内炎の発生頻度が減少したと実感しているので継続しています。 (50代、 消化器外科)

・慢性胃炎でのピロリ菌除菌の際の味覚障害を予防するため、 亜鉛のサプリを勧めています。 胃・十二指腸潰瘍の除菌の時はプロマックが処方できましたが、 慢性胃炎では削られる恐れがあるので。 (50代、 消化器外科)

・総合ビタミン剤や抗酸化製品を定期的に摂取しています。 相談を受けた時には、 患者さんに勧めることもあります。 (70代、 一般内科)

 

■調査概要

調査期間:2015年7月29日(水) ~ 2015年8月4日(火)

有効回答:4,000人(回答者はすべて、 MedPeerに会員登録をする医師)

(情報提供:メドピア株式会社 )

トラックバックURL

新着記事

2017年6月21日 New!

【パワーリフティング集中連載】久保 孝史(スポーツ科学研究者)「研究者とパワ

2017年6月19日 New!

【パワーリフティング集中連載】栗原 弘教「骨格とか人種とかがあまり関係ないの

2017年6月17日 New!

【パワーリフティング集中連載】伊勢崎 勝史選手「BIG3はトレーニング愛好家

2017年6月15日

【パワーリフティング集中連載】信田 泰宏選手「基本三種目を極めようとしている

2017年6月13日

【パワーリフティング集中連載】前野 由衣選手「一生懸命練習していればボディラ

2017年6月11日

【パワーリフティング集中連載】渋谷 優輝選手「一番重い重量を申請し、最後の順

2017年6月9日

【予告】パワーリフティング集中連載! なぜ彼らはパワーを極めようとしているの

2017年6月5日

人気モデル・浦浜アリサ(27歳)プロテインの大切さ語る「女の子にとって、タン

2017年6月3日

【衝撃の事実】ネガティブ言葉を大声で叫ぶと身体能力が向上!「無駄無駄ッ!」イ

2017年5月30日

【栄養士が監修】トレーニング専用フードで注目、宅配サービス「Muscle D
■今さら聞けない!基本情報
プロテインとは、ただ単に栄養素の1種、”たんぱく質”の英語名です
【筋肉名162種】筋肉ってどんな種類があるの?名前一覧を部位ごとにまとめてみました!
ダイエットには『食事制限』+『筋力トレーニング』がコスパ最高
「ニンニク注射」に本物のニンニクは含まれていない?「元気が出る」「体調がよくなる」その理由とは
『携帯用プロテイン製品』は3タイプもある。その賢い選び方とは
いまさら人に聞けない!筋肉の鍛え方講座 『筋トレ7原則』
  • 公式LINE@はじめました!!


    友だち追加数
  • スペシャル筋肉パーソナル

    スペシャル筋肉パーソナル
  • オリジナルキャップ

  • トレーニング系雑誌


    トレーニングマガジン vol.46 特集:至高のデッドリフト (B・B MOOK 1327)

    IRONMAN(アイアンマン) (2016年10月号)

    『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2016年10月号

    Number PLUS リオ五輪永久保存版 東京へと続く物語。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

    パワーリフターに学ぶBIG3パーフェクトメソッド―スクワット・ベンチプレス・デッドリフト完全攻略! (B・B MOOK 1309)
  • 相互サイト様記事

ページ上部に